BLACKPINK「Pink Venom」ダンスプラクティス映像初公開!カムバックステージの前にサプライズプレゼントにグローバル音楽ファン歓喜

BLACKPINKの2ndアルバム先行配信曲「Pink Venom」のダンスプラクティス映像が25日に公開された。

ミュージックビデオを通じて見ることができなかった「Pink Venom」全体の振り付けがベールを脱いだだけに、これからのカムバックステージにグローバルファンの期待感がさらに大きくなっている。

映像の中のBLACKPINKは強烈なビートに合わせて美しくダイナミックな振り付けを披露した。練習室で撮影されたパフォーマンスであるにも関わらず、彼女たちの繊細なダンスラインと個性的なオーラが際立っている。

ダンサーたちと一緒に踊るBLACKPINKは、正確なバランスを成しており、見る人を魅了する。特に曲のハイライトパートを飾った彼女たちのキレが良く、緩急のついたダンスが印象的で、ファンを歓呼させた。

牙を表現した振り付けは簡単に真似しやすくハマること間違いなし。一方、ハードなダンスシーンでは、高難度な振り付けで、彼女たちの圧倒的存在感を魅せつけた。

YGによると、今回の「Pink Venom」の振り付けは、世界的な振付師Kiel TutinSienna Lalauが参加。
また、YGX所属の振付師Leejung(イ・イジョン)Taryn Chengなどトレンディなダンサーたちが意気投合して完成したという。

BLACKPINK ‘Pink Venom’ DANCE PRACTICE VIDEO

さらに歴史的な記録を叩き出しそうな情報も入ってきた。
9月16日に発売となる2nd ALBUM「BORN PINK」の予約枚数が200万枚を突破したとYG ENTERTAINMENTが25日明らかにした。歴代K-POP女性アーティスト最高記録である。

このアルバムは先立って予約販売が始まってから一週間で150万枚を記録して尋常でない人気を示した。アルバム発売日(9月16日)まで約3週も残っているだけに、すでに確実視された「ダブルミリオンセラー」タイトルとともに、300万枚以上の販売高も期待されている。

BLACKPINKは去る2020年、1st ALBUM「THE ALBUM」でK-POPガールズグループ最初のミリオンセラーを飾った。当時より一層強力になったファンダムとグローバル音楽市場内で高くなったBLACKPINKの地位を考えれば、これも不可能な数値ではないと業界では語られている。

特に2ndアルバムであるボックスセット(BOX SET)、キット(KiT)、LPに続き、最近追加で情報解禁されたデジパックバージョンが急速に販売数を伸ばしており、最終注文枚数はさらに増えるものと見込まれる。また、150万人規模のワールドツアーをはじめとする彼女たちの本格的な活動が始まれば、さらに伸びていくだろうと予想される。

BLACKPINKは先行配信曲「Pink Venom」で、主流ポップ市場で圧倒的存在感を放っている。この曲は韓国アーティスト初のSpotifyトップソンググローバルチャート3日連続1位を占め、世界二大ポップチャートであるアメリカのBillboardとイギリスのオフィシャルチャートにも好成績を予感させている。

「Pink Venom」のミュージックビデオも、公開24時間で再生回数約9040万回。この部門の女性アーティスト世界最高記録を自ら更新した。以後このミュージックビデオは29時間35分で1億回を突破してK-POPガールズグループ最短記録を塗り替えた。

BLACKPINKはこの勢いに乗って2nd ALBUMへの熱気に拍車をかけている。YG側は「タイトル曲のミュージックビデオ撮影を昨日(24日)、順調に撮り終え、アルバムに収録された全ての曲がBLACKPINKの新しい歴史を開くことになるが、特にタイトル曲は圧巻だ」と発表した。

一方、BLACKPINKは来る8月28日(現地時間)アメリカのニュージャージー州プルデンシャル・センターで開かれる’MTV VMAs’のステージと2nd ALBUMのプロモーションのために今日(25日)韓国より出国する。多忙なスケジュールをこなす彼女たちに多くのファンの関心が集まっている。




関連記事

この記事へのコメント💬

  • 感想・推し愛コメントをどうぞ

  • コメント (0)

  1. ↓ この記事最初のコメントを書く

CAPTCHA