BLACKPINK 2ndアルバム『BORN PINK』先行配信「Pink Venom」MVティーザー動画公開!YG歴代最高制作費で話題

BLACKPINK「Pink Venom」
9月16日に発売されるBLACKPINK 2nd ALBUM 『BORN PINK』の先行配信シングル「Pink Venom」のMVティーザー動画が公開され熱い反応を呼んでいる。

17日、YG ENTERTAINMENT公式ブログとYouTubeで公開された「Pink Venom」のMVティーザー動画は、約23秒の短い尺だけの公開となったが、YG歴代最高制作費が投入されたミュージックビデオスケールというだけあって、華麗な映像美と音源の一部がベールを脱ぎ、グローバルファンの目と耳をひきつけた。

ホイールアーチは砂風、巨大な時計錦など象徴的なイメージが映像導入部を飾り、コムンゴ(韓国伝統楽器・玄琴)を演奏する手と黒い布を纏った人物たちが交差し、壮大ながらも神秘的な雰囲気を醸し出している。

韓国の伝統楽器である巨文高サウンドリーフと共に「BLACKPINK」を連呼する声がグローバルファンの好奇心を刺激した。その後、強烈なビートに乗ったBLACKPINKメンバーたちの「I bring the pain like」という歌詞が聞く人の心臓を掘り下げて、「Pink Venom」の楽曲に対する疑問を増幅させている。

強い中毒性を示したBLACKPINKの「Pink Venom」音源とミュージックビデオは8月19日(金)13時(日本時間)に公開される。

BLACKPINKはこの一時間前に、YouTubeの公式チャンネルで「COUNTDOWN LIVESTREAM」を開き、新曲紹介やミュージックビデオビハインドストーリーなどのトークを行う予定だ。

薄い灰色の背景の上に鋭く輝く金属の質感のアルバムロゴと牙アートワーク、「2022.09.16」の数字がはっきりと刻まれた予告ポスター

8月19日からいよいよ本格的に開始となる、BLACKPINKのカムバック。

2ndアルバム名の『BORN PINK』は、「誕生から格別な存在感を持ったBLACKPINKの堂々たる自信」を示し、圧倒的オーラそのものであるBLACKPINKのアイデンティティ、それにふさわしい楽曲がたくさん詰まったアルバムとなっている。

9月のアルバム『BORN PINK』のリリースに続き、BLACKPINKは約150万人規模の超大型ワールドツアーを10月からスタートさせることが発表されており、グローバルファンの熱は最高潮に高まっている。

BLACKPINK ‘Pink Venom’ M/V TEASER




関連記事

この記事も一緒にいかが?

この記事へのコメント💬

  • 感想・推し愛コメントをどうぞ

  • コメント (0)

  1. ↓ この記事最初のコメントを書く

CAPTCHA