LE SSERAFIM(ルセラフィム)、キム・ガラムを含むメンバー6人全員で「non-no(ノンノ)」2022年8月号増刊の表紙に初登場!特集は10ページ

「non-no(ノンノ)」2022年8月号増刊

©集英社 non-no2022年8月号増刊、撮影Kyungyoon Ryu

LE SSERAFIM(ル セラフィム)が、「non-no(ノンノ)」2022年8月号増刊の表紙を飾る。

LE SSERAFIM(ルセラフィム)6人のメンバー全員で表紙に登場!

13日、LE SSERAFIM(ル セラフィム)が集英社より6月20日に発売される「non-no(ノンノ)」2022年8月号増刊の表紙を飾るニュースが伝えられると同時に、同号の表紙が公開された。

公開された表紙には、グループ活動を休止中のキム・ガラムを含むメンバー6人全員の姿が写っている。

LE SSERAFIM(ル セラフィム)が日本の雑誌の表紙を飾るのは同誌が初めてで、10ページにわたる特集が掲載される。

「non-no(ノンノ)」2022年8月号増刊 LE SSERAFIM(ルセラフィム)の特集内容は?

特集のタイトルは、「Love,from LE SSERAFIM」。

宮脇咲良、キム・チェウォン、ホ・ユンジン、ホン・ウンチェ、キム・ガラム、カズハの
6人のLE SSERAFIM(ル セラフィム)メンバーが、「愛しているもの」にクローズアップ。

常にバッグに入っているものや集めているファッション、大切な思い出の写真、名前の由来にちなんだ好きな色についてのエピソードなどを語っており、メンバーの素顔の魅力を垣間見ることができる。

ガラムの活動休止で5人で活動したLE SSERAFIM(ルセラフィム)

LE SSERAFIM

写真:「人気歌謡」でFEARLESSの活動を終えた5人のメンバー/LE SSERAFIM公式Twitter

LE SSERAFIM(ルセラフィム)は、メンバーのキム・ガラムが、いじめ疑惑騒動で活動を中断、グループは新曲活動を5人組体制で行い、無事に音楽番組への出演は終了した。

現在もキム・ガラムの去就については「活動休止」以外に伝わっていない中での表紙登場で、再びキム・ガラムへの関心が集まっている。

韓国では、「5号処分」が明らかになったことで、キム・ガラムのイメージは大きく失墜。「アイドルとしてふさわしくない」という声が多い。

「non-no(ノンノ)」2022年8月号増刊の表紙撮影やインタビューは、キム・ガラムの活動休止発表より前に行われていたと推測される。

LE SSERAFIM(ルセラフィム)の6人全員での表紙登場に、ネットユーザーは
「6人組グループとして海外で契約済みの仕事があるから脱退もできないのでは?」
「ガラムの顔が・・・」
「やっぱりカズハちゃん可愛い」
「ガラム、活動復帰できるのかな?」
などといったコメントを書き込んでいる。




関連記事

この記事も一緒にいかが?

この記事へのコメント💬

  • 感想・推し愛コメントをどうぞ

  • コメント (0)

  1. ↓ この記事最初のコメントを書く

CAPTCHA