LE SSERAFIM(ル セラフィム)のデビューアルバム『FEARLESS』、国内外のチャートに多数ランクイン!


LE SSERAFIM(ル セラフィム)が、2日18時に発売した初のミニアルバム『FEARLESS』が海外のチャートのトップを占めた。
『FEARLESS』は、5月3日午前9時時点で、日本、ブラジル、フィリピン、シンガポール、インドネシア、チリなど計13ヵ国/地域のiTunesトップアルバムチャート1位を記録し、メキシコ2位、スウェーデン3位、トルコ3位、米国7位、ドイツ7位にランクインするなど、世界的に高い関心を集めている。

また、タイトル曲「FEARLESS」はタイ、インドネシアのiTunesトップソングチャートで1位を獲得し、メンバーのキム・チェウォンとホ・ユンジンが作詞に参加した収録曲「Blue Flame」がペルーのiTunesトップソングチャートで1位となるなど、グローバルな人気を誇っている。

日本では、「FEARLESS」発売直後の2日19時、LINE MUSICのリアルタイムチャート3位に入ったのをはじめ、「The World Is My Oyster」、「Blue Flame」、「The Great Mermaid」、「Sour Grapes」などすべての収録曲がチャートイン。LE SSERAFIMは海外においてもデビューアルバムで素晴らしい成績を収め、K-POP市場に大きな衝撃を与えている。

韓国国内音源サイトでもLE SSERAFIMへの関心は熱く、タイトル曲「FEARLESS」をはじめ全曲がバックスリアルタイムチャートにランクインし、「FEARLESS」は2日19時に7位にランクイン後、3日7時には5位にランクアップしている。

SNSでも熱い反響があり、「#LE_SSERAFIM」、「#LE_SSERAFIM_FEARLESS」など、LE SSERAFIM関連キーワードが音源発売前後、Twitterの全世界のリアルタイムトレンド入りするなど大きな話題を呼んだ。

LE SSERAFIMはデビューアルバム『FEARLESS』を通じて、最高になりたい欲望に従って誰も行ったことのない旅への第一歩を踏み出した。
「FEARLESS」が意味するように、世の中の視線に動揺せず恐れることなく前に進む6人のメンバーの話がアルバムに盛り込まれている。

タイトル曲「FEARLESS」はボールドなベースリーフとグルーブのあるリズムが調和したパンクベースのオルタナティブポップジャンルの曲だ。
世の中と妥協する選択肢より最高になることを選んだLE SSERAFIMの強い意志がうかがえる曲で、過去にこだわらず、動揺せずに前に進むLE SSERAFIMの力強い姿が盛り込まれている。

パン・シヒョク総括プロデューサーを筆頭にプロデューサーチーム13とBTSの「Life Goes On」を作業したシンガーソングライターのBLVSH、米ポップアーティストのDestiny Rogersらが曲作業に参加し、完成度を高めている。




関連記事

この記事へのコメント💬

  • 感想・推し愛コメントをどうぞ

  • コメント (0)

  1. ↓ この記事最初のコメントを書く

CAPTCHA