【取材レポ】UK(Apeace)「どこにいても同じ空を見てるなら必ず繋がってる」帰国前のソロライブ開催!(昼公演レポ)

Apeaceの活動休止後も日本でソロ活動を続けてきたUKが、韓国帰国前の集大成となるソロライブ『UK LIVE 2021 ”またね~”』を11月25日(木)新宿FACEにて昼夜2回開催した。
最新のソロ曲からApeaceのナンバーまで、多彩なジャンルの楽曲をオリジナルバージョンで披露しファンを楽しませた。昼公演の様子をレポート。

会場には平日の昼間にも関わらず沢山のファンが駆け付け、オープニングの映像が流れると7月に発売されたソロシングル『CHECKMATE』のパワフルなパフォーマンスで幕を開けた。

会場を見渡し「こんなに沢山のお客さんが平日なのに(会場まで)来てくださって、どうすればいいんだろうっていう感情になっちゃいました。」と嬉しそうにお辞儀をすると、Apeaceの人気曲『Never Ever End』と、メンバーのJ.D、ジヌ、そして自らも作詞作曲に携わったという『Monster』を披露。

白い衣装に着替えて登場。『オチョダカ』『ハルハル』を心を込めて歌うと、会場一面に広がるブルーのペンライトを見て「星から来た王子様のような感情になってます。自分のウク星なのかなって思います。美しい色の星を見せてくださってありがとうございます。」と照れくさそうに語った。

「この曲聞きたかったという方がいらっしゃるかと思って準備してみました。もしいなかったらすみません(笑)」と笑わせると、伸びのある歌声で『ONE』を歌い上げた。

続いて、『CHECKMATE』などのダンスの振付やダンサーのまとめ役として力を尽くしてくれたsoichiro氏がステージに登壇し、質問コーナーへ。

「Q.1人で活動して、お兄ちゃんたちがいたらと思う時は?」と言う質問には「まとめなきゃいけない時」「今まではお兄さんたちがまとめてくれたが、ソロでどうすればいいんだろうという時にsoichiroさんが現れたんです。」と、支えてくれた人たちに感謝を伝え、冒頭の『CHECKMATE』で泣きそうになったことを明かした。

「Q.朗読劇『星の王子さま』の感想は?」には“どうすればいいんだろう”と心配があり、本を読んだり、言葉の意味も調べたりしたという。「Q.今回のライブをどのくらい楽しみにしていたかダンスで表現してください。」には即興のダンスを披露して見せ、「Q.『大丈夫』の歌詞で好きなところは?」には「2番の初めの「あいたくても踊りたくても…」の最初を縦読みすると「あいしてる君」になってるんです。」というところが一番伝えたかったところという。

「Q.プロポーズの言葉は?」と聞かれると、「自分が作った音楽、自分が書いた歌詞、自分が考えたダンスで、1人だけにライブをしたいです。」と答え、今日の楽屋でのドッキリの様子を楽しそうに語り会場は笑いに包まれた。また、「Q.デートの時、何のご飯を作ってくれますか?」と言う質問には、サムギョプサルか、ステーキでワイン飲みながら雰囲気を出すか、どちらがいいかと客席に多数決を取るとサムギョプサルに。

「次の曲は皆さんと僕、スタッフの皆さん、家族、Apeace、友達、みんなで一つになれる歌なんじゃないかと思います。」と紹介し『We are the one』を気持ちを込めて披露。

これまでの活動の様子のVTRが流れ、Apeaceのナンバー『VEIL』そして「みんな一緒に!」とファンに呼びかけると、フルメンバーのダンサーも勢ぞろいし『BANG! BURN! LOVE』では息の合ったダンスと楽しそうに踊る姿に会場も大いに盛り上がった。

ダンサーを紹介し記念撮影をすると、「次は今回自分がめちゃめちゃ好きな曲を最後の曲としてみなさんにプレゼントしたい」と最新曲『To U』と『君と見る世界は綺麗だ』をしっとり歌い上げた。

アンコールでは、ラップ曲『大丈夫』を歌い終えると「大丈夫ですよ、みなさん、どこにいても同じ空を見てるなら必ず繋がってるということだけは信じてください。」とメッセージを送った。
さらに「最後の曲に行く前に感謝の気持ちを伝えたいなと思ってます。」と切り出すと、「沢山のスタッフの方たちがいらっしゃって、ダンサーの皆さんや見えないところで自分が格好良く映るように頑張ってくださる方が沢山いて、本当に幸せだなと思います。」と語り、Apeaceのメンバーにも感謝を伝えたいと添えた。

「(Apeaceのナンバーを)一人でやるのはキツイなと思うんですけど、メンバーと一緒に歌いながら車に乗ると狭くてギューギューしながらそれも懐かしいなって思いますし、まもなくその(ライブが出来る)時間が来るんじゃないかなと信じて一人でステージに立ってます。僕がどんだけ頑張ってステージを準備しても見に来てくださる皆さんがいないと、このステージって完成されなかったと思います。みなさん、とにかく今日来てくださって本当にありがとうございます。」とあらためてファンに感謝をした。

しばらくしたら日本から離れることになることを告げ、「その時、皆さんが僕のことを待ってられるように、僕が自分に手紙を書いてくれたんだという気持ちで聞いてくださると嬉しいです。」とラストはApeaceのメンバーも登場するMVが話題のUK 1st minialbum『UK』収録曲で新曲の『To U』を披露し温かい雰囲気に。
歌い終えると一緒にステージを盛り上げてくれたダンサーのメンバーをステージに呼び、手をつないで「ありがとうございます!」とお辞儀し、最後は再び一人で深くお辞儀し昼公演は終演した。

日本でのソロ活動は大変だったと思うが、ダンスナンバーからバラードまであらゆる楽曲を1曲1曲大切に歌ってくれているのが分かるUKのライブでした。韓国に帰国ということで寂しくなるが、どんな形でも今後の活動に注目していきたい。

『UK LIVE 2021 ”またね~”』セットリスト

1.CHECKMATE
2.Never Ever End
3.Monster
4.オチョダカ
5.ハルハル
6.ONE
7.We are the one
8.VEIL
9.BAN! BURN! LOVE
10.君と見る世界は綺麗だ
11.大丈夫
12.To U




ページ上部へ戻る