グァンスと篠原涼子のお揃いアンクレットに超新星ファン「ちょっと待った!それデマじゃない?」の声

グァンスのアンクレット

写真:グァンスのInstagram

日本中を、そして超新星時代のグァンスを知るファンをビックリさせた週刊文春の「篠原涼子韓流アイドルに溺れている」報道。

1973年生まれの篠原涼子は47歳で、離婚した元夫・市村正親は1949年生まれの72歳。
熱愛報道の相手として浮上した超新星(現SUPERNOVA)グァンスは1987年生まれの34歳。

つまり、元夫とは25歳差
報道が出たグァンスとは13歳差

上は二回り違い、下は一回り違いで熱愛報道が事実であれば、篠原涼子のストライクゾーンが広すぎる!という声まで上がっている状況だ。

篠原涼子とグァンスのアンクレットはお揃い?

文春砲のサブタイトルには、「篠原左足に彼とお揃いのアンクレット」とういキャッチが添えられたが、週刊文春によると、お揃い疑惑のアンクレットについて、篠原涼子はお揃いのアクセサリーではないと否定した上で、「主人からいただきました」と主張したという。

しかし、元夫の市村正親はアンクレットについて知らないと言い、「自分で買ったんでしょ?」とプレゼントしたことはないと答えたそうだ。

一方のグァンスは「あー、ない。ないんです」とこちらもお揃い説について否定した。

アンクレットお揃い説を巡り、篠原涼子と市村正親の言葉に矛盾が生じている状態で、疑惑が際立って見える形となっている。

超新星時代からのグァンスファンは「デマじゃない?」

しかし、記事を見たグァンスのファンからは「ちょっと待った!」の声が。

グァンスのファンは「篠原涼子とのアンクレットお揃いはデマじゃない?」と声を上げているのだ。

というのも、グァンスのアクセサリー好きは昔から有名で、Instagramにもブレスレットやネックレスなど様々な種類のアクセサリーを着用した写真が多い。

アンクレットについても今から3年前の2018年8月13日にInstagramに登場、「作曲家のジョルジオさんにもらっちゃった」として、着用写真を載せていた。

篠原涼子と市村正親の別居は2020年3月から始まったと同年8月に女性週刊誌「女性自身」が伝えており、果たしてそれよりも前からグァンスと付き合っていたのか?という疑問の声が出回っているようだ。

ちなみに、アンクレットを左足首につけるのは、週刊文春にあるように「パートナーがいます」という意味もあるが、それ以外にも「お守り」の意味もあるという。
また、アンクレットに意味があることを今回のニュースで初めて知った!という声もあるくらいで、実際にはアンクレットの意味を気にせずに、おしゃれとして身につける人も多いようだ。

元光GENJIの「かーくん」こと諸星和己と共演したことも…

2007年9月に韓国でデビューした超新星は2018年にグループ名をSUPERNOVAに変更、5人組グループとして再出発した




ページ上部へ戻る