パク・ボム(BOM)、大鐘賞映画祭のオープニングステージに登場、大きな話題に

パク・ボム

写真:「第56回大鐘賞映画祭」に出席したパク・ボム

第56回大鐘賞映画祭に出席したパク・ボム(BOM)が、リアルタイム検索語1位にランクインした。

今月3日に開催された「第56回大鐘賞映画祭」に、パク・ボムがオープニング・ステージの招待歌手として出席し、レッドカーペットを歩いた。

パク・ボムは以前よりもふっくらとした顔つきで登場、ネット上で大きな話題となりパク・ボムの名前がリアルタイム検索語1位に浮上した。

パク・ボムの変わった容姿に注目が集まる中、4日、所属事務所のD NATIONはパク・ボムがストレスで少し苦しんでいたとし、「次のアルバムが出るまではリラックスして過ごそうと話し、体力管理をしながら余裕を持って過ごしたところ少し体重が増えました」と明らかにした。

そして「整形をしたと言う方もいらっしゃるが全く違います」と整形疑惑を否定した上で「今秋、新アルバムを準備中です。それまでに再び体型管理をして、がらっと変わった姿をお見せしたいと思っています。パク・ボムの新しい姿に期待をお願いします」と伝えた。

2018年には小さくなった顔が大きな話題になった

パク・ボムは昨年、「Spring」で久々にカムバックし変わらぬ歌唱力で人気を集めた。




ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません