イ・ドンゴン&チョ・ユニ離婚…娘のロアちゃんの親権はチョ・ユニ

イ・ドンゴンとチョ・ユニが結婚から3年で離婚したことが明らかになった。

28日、チョ・ユニの所属事務所であるキングコングby STARSHIPは、2人が今月22日にソウル家庭裁判所で離婚調停を行い、離婚したと伝えた。

ロアちゃんの親権はチョ・ユニが持ち、今後も女優活動を続けるとのことだ。

また、同日、イ・ドンゴンの所属事務所であるFNCエンターテインメントも同様に2人の離婚のニュースを伝えた。

イ・ドンゴンとチョ・ユニは2017年にKBSドラマ「月桂樹洋服店の紳士たち~恋はオーダーメイド!~」での共演をきっかけに交際を開始した。
その後、5月に交際から3ヵ月でスピード結婚と妊娠を発表した。

結婚を発表した2人は一緒に雑誌の表紙とグラビアを飾ったりもした。

イ・ドンゴンとチョ・ユニは、2007年9月29日に結婚式を挙げ、幸せなウェディング写真を公開し、羨望の的となった。

12月に第1子となる女児ロアちゃんが誕生し、翌年にはロアちゃんの写真を公開して大きな注目を集めたりもした。

「みにくいうちの子」に別々に出演したイ・ドンゴンとチョ・ユニは当時、それぞれが結婚生活についてコメントし話題となった。




ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません