ジェジュン、新型コロナウィルス感染はエイプリルフールの警告…再びインスタ更新して文章を書き換え

ジェジュン

写真:ジェジュンのinstagram

ジェジュンがインスタグラムで新型コロナウィルスに感染したと書いたことで、日本と韓国のネット上が大騒ぎになる中、再びジェジュンがインスタグラムを更新し、エイプリルフールの警告だったとし、絶対に他人事ではないというメッセージを伝えた。

1日、ジェジュンが新型コロナウィルスに感染し入院中だととSNSに書いたことからこのニュースが一気にネット上で拡散し、日韓のファンや、ジェジュンと親しいスターや共演者のファンが大きな衝撃を受けた。

しかし、その後しばらくして、ジェジュンは再びインスタグラムを更新し、先に書いた文章を書き換えた。

ジェジュンがインスタで書き換えた新たな文章の和訳

周りの愛する人
大切な私の誰かがウイルスに感染した?

とても胸が痛いことです。

それなのに、私は関係ないと…
私にはありえないだろうと、無防備な状態で街を闊歩し、生活するあまりにも多くの人々のせいで私の家族、知人が痛い思いをするのではないかと心配になる気持ち。

私自身と私の周りは安全だろうという錯覚が、私の周りのすべてを病気にすることになります。

現在、僕に近しい知人、関係者の方々にも、ウイルス感染者が増えています。
絶対遠いところの話ではありません。

不注意による悲しい予感が現実になった時、その時に涙を流して、終わりになることではないと思います。

現時点での警戒心。
心に深く刻みましょう。

エイプリルフールのジョークでかなり行き過ぎた感もありますが、短い時間の間、多くの方々が心配してくださいました。

絶対!!!他人事ではありません。
自分を守ることが大切な人を守ることだという話をお伝えしたかったのです。

この文によって受けるすべての罰則は甘受します。
すべての方々が健康であることを願います。

日本ではエイプリルフールを前にSNS上で新型コロナウィルス関連の冗談だけはやめようという声かけが多数出回っていた。
それだけに、ジェジュンの最初のインスタグラムの書き込みを見て、まさか新型コロナウィルス関連の冗談ではないだろうと感じた人がほとんどだった。

夜に3度目のインスタ更新で改めて真意と謝罪を伝えた

ジェジュンは現在、日本で新曲の活動中




ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません