ジェジュン、3度目のインスタ更新で改めて謝罪 コロナ感染のエイプリルフール発言が日韓で大炎上…韓国では国民請願まで登場

ジェジュン

写真:ジェジュンのLove Covers ジャケ写

ジェジュンの「新型コロナウィルスに感染して入院中です」と書いたインスタグラムのエイプリルフール発言が日韓で激しいバッシングを浴び、大炎上に発展する中、再度ジェジュンが自身の真意と謝罪を伝えた。

1日、ジェジュンは自身のインスタグラムに「新型コロナウィルスに感染しました」との文を掲載した。

ジェジュンのインスタグラムの文章は多くのファンの動揺誘い、ネット上には大きな衝撃を受けた人が続出した。
韓国の所属事務所にも事実確認の問い合わせが殺到し、C-Jesエンターテインメントは韓国のマスコミに対し「現在確認中」との立場を伝えた。

しかし、しばらくするとジェジュンは自身の文章を別の文章に差し替えた。

ジェジュンは、新型コロナウィルスは他人事ではないと強調した上で、かなり行き過ぎたかもしれないが、エイプリルフールの発言だったとし、自分の書いた文章によって受けるすべての罰則は甘受すると綴った。

また、ジェジュンの日本公式サイトも
「ジェジュンがコロナウィルスに感染したとの情報につきまして、感染の事実はないことをここにご報告させて頂きます。」
とお知らせを出した。

ジェジュンの感染・入院報告がエイプリルフール発言であると分かると、胸をなでおろし安堵するファンも見られたが、日韓のネット上は大きく荒れ、ジェジュンを非難する声や諌める声、苦言が殺到した。

新型コロナウィルスの拡散のため、世界中で多くの感染者と死者が出ている状況にあり、今年のエイプリルフールは自粛ムードにあった。
また、ネット上にはエイプリルフールを前にして、新型コロナウィルス関連のデマや冗談はやめようという呼びかけが出回っていた。

韓国では「芸能人キム※※さんの過度なエイプリルフールのいたずらを処罰してください」という韓国大統領府の国民請願まで登場し、既に8,000人以上が参加している状況だ。

ジェジュンに関する韓国大統領府の国民請願

写真:大統領府 国民請願掲示板

ジェジュンは夜に、この日3度目となるインスタ更新を通じて、長文の謝罪文を掲載した。

ジェジュンのインスタグラム謝罪文 全文和訳

やってはいけない行動だと僕自身も自覚しています。

まず、僕がSNSに書い文により、新型コロナウィルスで被害を受けた方々、業務に支障が出た方々に心から謝罪申し上げます。

正しくないという判断。
知っています。

現在、中だるみ気味になっているウィルスに対する取り組み方法と危険性の認識。
新型コロナウィルスにより被害受ける方々を最小限に抑えるために、警戒心を持ってほしいという心からのメッセージをお伝えしたかったです。

春が訪れ、暖かくなった季節の屋外活動、始業が延期となり余った時間を活用した密閉空間での接触などで、第2・第3のコロナパニックが発生するかもしれないと感じられ、とても恐ろしく思いました。

僕の父も少し前、肺がんの手術を受け、ずっと病院に通っていました。
それで、病院の医療スタッフと患者を見ながら何かいらだちを感じ、ウイルスが他人事ではなく、自分のことだったら、と感じられました。

それで、新型コロナウィルスから抜け出そうと努力する方々とは反対に、普段と変わらない服装でマスクを着用しないまま外出して楽しんでいる方々が多いという話に警戒心が必要だと思いました。

様々な情報メディアやインターネットで、大きなものから小さなものまでいくつもの注意が喚起されている中、そういった話を聞き入れない人たちにどうにかしてでも現時点での危険性を伝えたかったのです。

「どうか。耳を傾けてください。どうか。傷つくことなく、その痛みを経験しないでください」と。

僕の周辺でさえ、感染者が出ています。
遠くの出来事ではないということを確信し、強く恐怖を感じました。

人を亡くしてから反省する態度は何の助けにもなりません。

もどかしく大変でも、今よりももっと…もう少し努力してこの困難の時を一緒に乗り越えていきたいと思っています。

今日の文章…度が過ぎてしまいましたが、過度の関心を持っていただければ、(僕の)考えを聞いてくれるのではないかというやり方が、多くの方々に心の傷を与え、非難を受けています。

僕の文章で新型コロナウィルスのために奮闘している政府機関や医療関係者の皆様、そして指示に従って(これまでの)生活を諦め、感染症克服のために尽力される多くの方々に心痛な思いを感じさせてしまった点につきまして心よりお詫び申し上げます。

ジェジュンは、3月27日に自身のTwitterを通じて日本語で花見自粛の呼びかけていた。

また、1ヶ月前、ジェジュンは新型コロナウィルス拡散防止のために寄付活動をしていたことが報じられている。




ページ上部へ戻る