ソウル市、117万7千世帯に最大50万ウォン相当の緊急支援支給を発表

朴元淳市長

写真:ソウル市

ソウル市が、新型コロナウイルスの感染拡大の緊急支援として、中間所得以下の117万7千世帯に対し、30万~50万ウォン相当の地域ギフト券もしくはプリペイドカードを支給する方針を発表した。

18日、ソウル市の朴元淳(パク・ウォンスン)市長は、新型コロナウイルスの影響で生計が困難となった市民のために直接的なサポートとして、生活費を緊急支援することを明らかにした。

対象となるのは、中間所得以下の117万7千世帯で、1~2人世帯は30万ウォン、3~4人世帯は40万ウォン、5人以上の世帯は50万ウォン相当の地域ギフト券もしくはプリペイドカードが支給される。
ギフト券とプリペイドカードのどちらを希望するかは申請者が選択できる形だ。

この支援のために、ソウル市は3,271億ウォンの予算を投じる見込みだ。

申請は30日より、各地域の住民センターで受付開始となり、保健福祉部社会保障統合情報システムを通じて申請者の所得照会が行われた後、3〜4日以内に支給決定となる予定だ。

一方、中間所得以下の191万世帯のうち、政府の補正予算などで支援を受ける約73万世帯は重複支援を防ぐため、支援の対象外となる。

写真:ソウル市

18日0時基準で、ソウル市内の新型コロナウィルス感染者数は270人、退院は55人、死者は0人と集計されている。




ページ上部へ戻る