パク・ヒョンシク、映画「8番目の男」で「映評賞」新人男優賞受賞!

写真:映画「8番目の男」

俳優パク・ヒョンシクが新人男優賞の栄誉に輝いた。

13日午後6時30分、ソウル中区KGタワーハーモニーホールで開かれた「第39回韓国映画評論家協会賞(以下、映評賞)」授賞式で、映画「8番目の男」で活躍したパク・ヒョンシクが新人男優賞を受賞した。

原題は「陪審員たち」で5月に封切りされた

軍服務中の関係で授賞式に出席できなかったパク・ヒョンシクは、制作会社の代表を通じて受賞の感想を伝えた。

パク・ヒョンシクは6月に軍に入隊した

パク・ヒョンシクは「こんにちは、新人俳優パク・ヒョンシクです。現在、軍服務中である状態で栄誉ある席に参加することはできなく申し訳ないです。人生でたった一度だけの『映評賞』新人男優賞に心から感謝申し上げます。大切なスクリーンデビュー作品に陪審員としてキャスティングしていただいた監督にも心から感謝したいです」と感謝を伝えた。

そして、「さらに暖かく良い映画が増え、愛されることを心から願います。撮影期間中は、幸せでたくさん学びました。幸せな現場でしたが、このように男優新人賞まで頂けることになり、軍服務も幸せに臨むことができると思います。誕生日までもう少しですが、こんなに栄誉ある賞をいただき、誕生日プレゼントをもらったようです。みなさんが幸せになってほしいです。忠誠!」との受賞の喜びを伝えた。

映評賞は韓国映画評論家協会で1980年から毎年、その年の優秀な映画および映画関係者に授与する賞だ。




ページ上部へ戻る