FTISLANDイ・ホンギ、B1A4出身バロ(チャ・ソヌ)、チェ・ソジン、ドラマ「僕を溶かしてくれ」に特別出演!

写真:tvN

ドラマ「僕を溶かしてくれ」が華やかな特別出演ラインアップを公開し話題を集めている。イ・ホンギ、チャ・ソヌ、チェ・ソジンがまさにその主人公だ。

28日午後9時から放送がスタートするtvNの新土・日ドラマ「僕を溶かしてくれ」は、24時間冷凍人間プロジェクトに参加した男女がミステリアスな陰謀により20年後に目覚め、展開していく物語を描く。

多才多能なイ・ホンギは芸能局のスタープロデューサーであるマ・ドンチャン(チ・チャンウク)の後輩、ソン・ヒョンギ役を演じる。
ドンチャンを尊敬し、ドンチャンの番組を見ながら芸能プロデューサーになったソン・ヒョンギは、ドンチャンが言うことなら何でもする一途な性格の持ち主だ。

公開されたスチールカットのイ・ホンギは、1999年当時韓国で流行したスタイルそのもので、期待感を集めている。

今年7月の軍入隊前に撮影を終えたチャ・ソヌ(B1A4バロ)は、「僕を溶かしてくれ」を通じてファンと再会する。
チャ・ソヌは、1999年のミラン(ウォン・ジナ)の恋人ファン・ビョンシム役を演じている。

一方、冷静で冷たいた報道局長ナ・ハヨン(ユン・セア)の20年前を女優チェ・ソジンが演じる。
誰よりもドンチャンを愛し、心配するアナウンサーのナ・ハヨン。
ドンチャンが消えた20年間、心が凍りつき冷徹さがそのまま感じられるユン・セアのスチールカットとは異なり、チェ・ソジンは逆に氷をも溶かすような純粋さとかわいらしさで溢れている。

ドラマ関係者は、「出演に快く応じ、情熱的に撮影に臨んでくれたイ・ホンギ、チャ・ソヌ、チェ・ソジン3人の俳優のおかげで、ドラマの完成度が一層高まり、本当に感謝している」と感謝のコメントを伝えるとともに「『僕を溶かしてくれ』の核心的視聴ポイントである20年前と20年後のキャラクターを比較して見ると、より一層ドラマを楽しむことができるのではないだろうか」とドラマの見どころを語り、多くの視聴をお願いした。

「僕を溶かしてくれ」は、ペク・ミギョン作家とシン・ウチョル監督がタッグを組む作品として、「最高のヒット作メーカーの出会い」との前評判を呼んでいる。
「アスダル年代記Part 3」の後番組として、9月28日午後9時からtvNで放送が開始となる。

「僕を溶かしてくれ」はチ・チャンウクの復帰作として期待が集まっている




ページ上部へ戻る