FTISLAND出身ソン・スンヒョン「僕じゃありません」ボイスフィッシング詐欺加担疑惑を否定

ソン・スンヒョン

写真:ソン・スンヒョンのInstagram

FTISLAND出身の俳優がボイスフィッシング詐欺に加担したニュースが広まる中、ソン・スンヒョンが自分ではないと疑惑を否定した。

12日、ソン・スンヒョンは自身のInstagramに「アイドルグループFTISLAND出身の俳優がボイスフィッシング犯罪に加担して警察に自首したことが一歩遅れて確認された」というニュース記事のキャプチャーに「僕じゃありません…!心配しないでください」というコメントを添えた画像を掲載した。

写真:ソン・スンヒョンのInstagram

ソン・スンヒョンは「僕は現在、作品撮影をしながら元気に過ごしています…」と近況も伝え、ファンに心配しないよう呼びかけた。

本日、有名アイドルグループ出身の俳優がボイスフィッシング詐欺の受け子として犯罪に加担し自首したというニュースが出ると、アイドルグループ出身の俳優が誰なのかを推測する書込みがオンライン上に溢れた。

夕方になり、そのグループが「FTISLAND」であることが一部メディアで報じられ、脱退メンバーへの関心が集中する中、ソン・スンヒョンは自分とは無関係であることを明らかにしたことになる。

FTISLANDでギター、ボーカル、ラップを担当していたソン・スンヒョンは、2009年1月29日から2019年12月31日までグループに所属していた。(専属契約満了でグループを脱退し俳優に転向)




関連記事

この記事も一緒にいかが?

この記事へのコメント💬

  • 感想・推し愛コメントをどうぞ

  • コメント (0)

  1. ↓ この記事最初のコメントを書く

CAPTCHA