TXT、9月のカムバックを10月末に延期へ…テヒョンとヒュニンカイ結膜炎のため

写真:BIG HITエンターテインメント

TXT(トゥモローバイトゥギャザー)がカムバックが、テヒョンとヒュニンカイ結膜炎のため10月末に延期となった。

今月20日、BIG HITエンターテインメントは公式SNSを通じて「ニューアルバム発売日を9月末から10月末に調整する」と発表した。
これで2回目のカムバック延期となる。延期の理由はメンバーらの健康問題だ。

所属事務所は、「メンバーのテヒョンとヒュニンカイが最近、流行性結膜炎にかかった。今月初め、メンバーのスビンが流行性結膜炎にかかり、医療陣の勧告によりメンバーへの感染を防ぐために隔離し別々に生活をしたが最近また結膜炎が流行り、確認不可能な経路を通じてテヒョン、ヒュニンカイにも感染した」と説明した。

スビンの結膜炎は完治したが、テヒョンとヒュニンカイは引き続き治療が必要な状況だ。

所属事務所は、「ミュージックビデオ撮影など制作関連のスケジュールを進めることが難しく、やむを得ずニューアルバム発売日を延期することになった。舞台とカムバックを待ってくれたファンの皆さんにお詫び申し上げ、より素敵な曲とコンテンツでお会いしたい」と伝えた。

TXTは23日に「2019 SORIBADA BEST K-MUSIC AWARDS」、27日に「関西コレクション2019A/W」に出席する。
パフォーマンスを行うのは難しいだろうという医療陣の意見により、イベント参加のみ行う予定だ。

TXTは防弾少年団(BTS)を誕生させたBIG HITエンターテインメントの次期ボーイズグループで、今年3月「夢の場:STAR」をリリースしてデビューした。




ページ上部へ戻る