ソン・ヘギョ所属事務所「ソン・ジュンギとの離婚成立、慰謝料・財産分与はナシ」と発表

女優ソン・ヘギョとソン・ジュンギの離婚調停が成立した中、ソン・ヘギョ側が公式の立場を明らかにした。

22日、ソン・ヘギョの所属事務所であるUAAは、「2019年7月22日、ソウル家庭裁判所で女優ソン・ヘギョの離婚が成立した」とし、「双方は互いに慰謝料、財産分与無く離婚することで調整手続きが終了した」と伝えた。

同日、ソウル家庭裁判所・家事12単独はソン・ジュンギ、ソン・ヘギョの離婚調停期日を非公開で開き調整が成立した。
これによって2人は法的に離婚することになった。

ソン・ジュンギとソン・ヘギョは、2016年2月に放送されたKBS2ドラマ「太陽の末裔」をきっかけに恋人関係となり2017年10月に結婚したが、1年8ヵ月で破局を迎えた。

ソン・ジュンギは先月26日、法務法人館長を法律代理人に選任し、ソウル家庭裁判所に離婚調整の申請書を提出、その翌日27日に二人の離婚ニュースが伝えられ、このニュースは大きな衝撃を持って韓国内はもとより日本や中国など海外でも報道された。

ソン・ヘギョは今月6日に中国海南(ハイナン)のショッピングセンターで開催された化粧品ブランドA社のイベントに参加、離婚後初の近況に大きな関心が集まっていた。




ページ上部へ戻る