視聴率40%超えの歴史的大ヒットドラマ「太陽の末裔」の日本語版小説発売!ソン・ジュンギ&ソン・ヘギョ主演で人気集めたドラマ

太陽の末裔小説本
ソン・ジュンギとソン・ヘギョ主演の主演で大ヒットしたドラマ「太陽の末裔」日本語版小説が上下2巻で本日より発売となった。

「トッケビ」の小説も同日発売に!




アジアを席巻した究極のラブストーリーを小説化

原作ドラマ「太陽の末裔」は、自らの信念と使命感にあふれる優秀な軍人のシジンと、仕事熱心ゆえ安らぎを求める外科医モヨンの運命的な恋模様を描き、アジア中で爆発的な人気を獲得した大ヒット作。
放送と同時に大反響を巻き起こし、なんと最高視聴率41.6%を記録。その人気は、日本をはじめアジア中に広がり、韓国ドラマ史に新たな伝説を刻んだ。

あるアクシデントをきっかけに急接近したシジンとモヨン。
すれ違いで一度は別れたものの、韓国から遠く離れた異国の地で運命的に再会した二人は、ふたたび惹かれあう。医師と軍人という生き方の違いや、次々と降りかかる事件など、数々の困難を乗り越えて、二人は真実の愛を育んでゆく…。

本書は、そんな運命的な恋を描いた究極のラブストーリーを小説化。登場人物たちの恋模様を、ハラハラドキドキしながら楽しむことができる。

子どもから大人まで楽しめる!

本書は、「YA小説」として発刊されるが、胸キュン要素満載の甘々かつスリリングなストーリーで、子どもはもちろん、大人も夢中になること間違いなし。
ドラマの魅力を余すことなく詰め込んでおり、原作ドラマファンも大満足できることだろう。

「太陽の末裔」3つの魅力

1.魅力的な登場人物

この作品の登場人物たちは、みな個性的で魅力にあふれている。

軍人としての勇敢さと自らの仕事に信念をもちつつも、チャーミングな一面も見せるシジン。優秀な外科医で正義感が強く、恋には不慣れなモヨン。無口だけど義理堅く、一途な軍人のデヨン。
そして、どんな障壁にもめげることなく、自分の心に誠実に行動する軍医ミョンジュ。

そんな2組の男女を取り巻く周囲の登場人物たちも、また人間味にあふれた魅力的な人物ばかりだ。

2.とにかく甘い! 胸キュン&トキメキのラブロマンス

ドラマ放送時から話題となったのが、シジンの繰り出す甘いセリフの数々。モヨンに対するストレートな愛情表現は、多くのファンをとりこにした。
命の危険と隣り合わせの状況で繰り広げられる究極のロマンスが、読者の心をワシづかみにする。

3.すれ違う2組の男女の恋の行方にヤキモキ

シジンとモヨンの運命的な恋の前に、次々とトラブルが現れる。突然現れたVIP患者、天災、ウイルス、そしてシジンのかつての戦友である、ギャングの思惑……。
国家レベルの困難に阻まれながらも強く惹かれあう二人の恋模様に、ハラハラ、ドキドキしながらページをめくることになるだろう。

そして、もう一つのラブストーリー、シジンの戦友デヨンと軍医ミョンジュの、階級を超えた愛からも目が離せない。
司令官の娘であることより、自分の心に従って積極的に行動する女性将校ミョンジュと、司令官の部下であることと愛する人の間で苦悩し、自分を犠牲にしようとするデヨン。階級差という大きな恋の障壁を前に、すれ違いながらも互いを思い続ける、デヨンとミョンジュの一途な愛にも注目だ。

登場人物たちの使命感あふれる仕事ぶりも魅力

この作品の隠れた魅力が、登場人物たちの責任感と使命感にあふれる仕事ぶり。軍人と医師という、ともに命を扱う職業であるからこそ、登場人物たちはみな信念をもって働いている。

軍人であるシジンとデヨン、医師であるモヨンとミョンジュ、それぞれの見せるコンビネーションも見事。特に、命を預け合い、強い絆で結ばれたシジンとデヨンの名コンビぶりは、ドラマ放送時から大きな注目を集めた。

時にはプレッシャーに打ち勝ち、また時にはつらい選択を強いられながらも仕事に励む彼らの姿は、きっと読者の心をとらえることだろう。

『太陽の末裔 上・下』発売情報

小説:ソン・ヒョンキョン(シナリオ:キム・ウンスク、 キム・ウォンソク)
翻訳:成都恵未
価格:各1,100円(本体1,000円+税10%)
発売日:2022年4月28日(木)
発行所:(株)学研プラス




関連記事

この記事も一緒にいかが?

この記事へのコメント💬

  • 感想・推し愛コメントをどうぞ

  • コメント (0)

  1. ↓ この記事最初のコメントを書く

CAPTCHA