ク・ハラ自殺未遂 韓国メディアの報道で関心集中、リアルタイム検索語に…

ク・ハラ

写真:ク・ハラのInstagram

KARA出身のク・ハラが自殺を図ったが救助されたと韓国メディアYTNが単独スクープ報道した。

26日午前、YTNの報道によると、同日0時40分頃、ソウル江南警察署はマネージャーの通報を受け、ソウル市 江南区 清潭洞にあるク・ハラの自宅に出動、室内で煙を吸った痕跡が発見された。
現在は、意識不明の状態だが、呼吸と脈拍は正常で命に別状はないという。

ク・ハラは前日の25日夜、自分のSNSに意味深長な投稿を載せた。ファンから心配する声が多く寄せられると、該当の投稿はすぐに削除された。

ク・ハラのSNSに掲載された「Take the time to do what you makes your soul happy.」との英文が書かれた写真には、多くのファンからク・ハラへの応援メッセージが多数書き込まれている。

ク・ハラは元交際相手とのトラブルや、目つきが変わったとして二重まぶたの整形疑惑などで悪質な書き込みが相次ぎ、その間、精神的に苦痛でたくさん傷ついてきた。

整形疑惑については、右目に不便を感じたために眼瞼下垂の手術をしたと自ら告白するとともに、自身を揶揄するネットユーザーに「眼瞼下垂したことが罪ですか!?」と返信し、ネットユーザーとファンの間で論争に発展した。

今年4月には東京ガールズミュージックフェス 2019で舞台を飾った




ページ上部へ戻る