ソンモ 、日本映画「ヤウンペを探せ!」カメオ出演&「I‘m lovin’you 〜泣いたらいい〜」が映画挿入歌に決定

ソンモ
ソンモが今年2月に発売したアルバム「セレナーデ」に収録されている楽曲の中から「I‘m lovin’you 〜泣いたらいい〜」が映画の挿入歌に決定した。
さらに、同映画にはソンモ自身もカメオ出演する。

ソンモ セレナーデ

ソンモ セレナーデ

ソンモ セレナーデ

同作は、40歳を過ぎたダメな中年オヤジたちが憧れのヒロインのために、謎に包まれた “ヤウンペ”を探す暴走コメディ。
40歳過ぎた独身のおっさん役を演じるのは海外にまで活躍の場を広げている実力派俳優の池内博之、舞台・映画・ドラマと幅広く役者として出演している傍ら、脚本・演出までも務めている池田鉄洋、シリアスな役からコメディまで幅広くこなす個性派俳優の松尾諭、お笑い芸人として活躍する傍ら、映画・ドラマにも出演し、多彩な才能を発揮してきた宮川大輔の4人。

ヒロインを演じるのはドラマ「37.5℃の涙」などで主演を務め、映画「記憶屋」、ドラマ「悪党~加害者追跡調査~」の出演も決まっている蓮佛美沙子。

監督を務めたのは、「続・最後から二番目の恋」「最高の離婚」「ファーストクラス」など数々のテレビドラマを演出し、映画「あのコの、トリコ。」で長編映画初メガホンを取った、期待の新鋭監督である宮脇亮といった、豪華な出演ラインナップとなっている。

作品は、4月18日(木)~4月21日(日)まで開催の「島ぜんぶでおーきな祭 第11回沖縄国際映画祭」にて上映となり、どこよりも先にソンモの出演とスクリーンから流れる歌声を楽しむことができる。

「ヤウンペを探せ!」あらすじ

「今の私にはヤウンペが必要なの。今、一番欲しい」可愛いあの子が、俺たちに言った。「わかった。絶対、俺が探してくる!」と声を張り上げる4人のおっさんたち(池内博之、池田鉄洋、松尾諭、宮川大輔)。
20年ぶりに再会した映画研究会のメンバー4人は、自主映画のヒロインだったみさっちゃん(蓮佛美沙子)からのお願いを引き受けることに。かつて思い描いていたような人生を送ることなく、40を過ぎた今なお独身の枯れたおっさんたち…みさっちゃんのお願いを叶えられたら、みさっちゃんと結婚できるかもしれない…

「あいつにだけは負けたくない!」「俺だけが出し抜いてやる!」と突然の宿題に色めき立つ4人。でも、おっさんたちはみんな思っていた…「“ヤウンペ”ってなんだ??」だが、歳を重ねて染みついたプライドが邪魔して、「“ヤウンペ”って何?」と素直に尋ねられない。
見栄を張って知ったかぶりをする4人は、はたして“ヤウンペ”を見つけ出すことができるのか―?

そして、“ヤウンペ”とはいったい何なのか―?哀愁漂うおっさんたちが憧れのヒロインのために、“ヤウンペ”を見つけ出そうと必死にもがいて…必死に暴れ回る…ちょっぴりおバカでちょっぴり愛のある冒険が、今始まる―!!

映画祭 上映情報

「島ぜんぶでおーきな祭 第11回沖縄国際映画祭」にてワールド・プレミア上映

■上映日:4月20日(土)
15:40開場、16:00開演
※上映後にキャスト、監督による舞台挨拶あり
■会場:琉球新報ホール
(沖縄県那覇市泉崎1丁目10番3号)
■登壇者:
池内博之、池田鉄洋、松尾諭、宮川大輔、蓮佛美沙子、門脇佳奈子
宮脇亮監督
※登壇者変更の可能性があります。
※ソンモの登壇はありません。

ヤウンペを探せ!作品概要

■監督:宮脇亮
■脚本:髙石明彦、渋谷未来
■音楽:狩野佑次
■プロデューサー: 宮川大輔、中山喬詞、鈴木久留美、髙石明彦、渋谷未来
■制作:読売テレビ よしもとクリエイティブ・エージェンシー
■制作プロダクション:The icon
■配給: よしもとクリエイティブ・エージェンシー
■製作:吉本興業
■主要キャスト
池内博之、池田鉄洋、松尾諭、宮川大輔、蓮佛美沙子
■挿入歌
ソンモ「I‘m lovin’you 〜泣いたらいい〜」(YM3D/よしもとミュージックエンタテインメント)
■ 「島ぜんぶでおーきな祭 第11回沖縄国際映画祭」にてワールド・プレミア上映




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る