FNCエンターテイメント公式の立場表明 CNBLUEイ・ジョンヒョンのチャットルーム会話報道を受けて…

CNBLUE イ・ジョンヒョン
CNBLUEのイ・ジョンヒョンの韓国中をドン引きさせたチャットルームでの発言や、盗撮動画の騒動について、所属事務所であるFNCエンターテインメントが改めて公式の立場を明らかにした。

15日に発表されたFNCエンターテインメントの公式の立場

当社は、今月12日夕刻、所属芸能人であるイ・ジョンヒョンについて『現在、社会的に物議を醸している該当芸能人らと親しく、連絡をやり取りする関係であるだけで、事件とは関係ない』との立場を明かしました。

軍服務中のイ・ジョンヒョンは、これと同様の公式の立場を発表する前である12日午後、部隊を訪問した警察の捜査協力要請に応じました。

イ・ジョンヒョンは当時、警察が提示したチョン・ジュンヨンとの1対1のトーク内容 約20件の中に、本人の違法映像流布はもちろん、不適切な動画閲覧および問題となり得る会話内容がなかったと認識したため、当時、(既に発表したような)立場を伝えました。

当社は、イ・ジョンヒョンが、随分前に既に自ら該当のチャットルームを退出していたため、4~5年前のカカオトークの会話内容について正確に事実確認をすることが難しい状態で、該当芸能人の過去の記憶に依存した主張をもとにした立場を伝えることしかできませんでした。
事実を隠したり、過ちを隠蔽する意図は全くありませんでした。

14日のSBSの報道の後、イ・ジョンヒョンと連絡を取り、事実を確認しました。
報じられた内容と同様に、カカオトーク上で映像を見たり、女性を卑下および性に関する不適切な会話をしたことは非難に値することであり、反省しています。
きちんとした性意識を持っていたならば、これを傍観することはなかったはずですが、そうできなかった点を悔いています。
不道徳で乱れた会話を罪の意識なく交わし、傷つけた全ての方々と大きく失望させてしまった全ての方々に深く謝罪申し上げます。

恥ずかしく惨憺たる思いを感じているイ・ジョンヒョンは、本人の間違った性道徳と価値観による世間の指摘を心に深く刻み、深く後悔し自責しています。公人として全ての言動を慎重にし、反省し、また贖罪いたします。

12日に発表されていた公式の立場




ページ上部へ戻る