”暴行&脅迫容疑”KARA出身ハラの元交際相手が在宅起訴に!ハラは起訴猶予処分

KARA(カラ)出身の歌手ハラを暴行して動画を流布すると脅迫した疑いが持たれていた元交際相手であるチェ氏が在宅起訴され、ハラは起訴猶予処分となった。

30日、ソウル中央地検女性児童犯罪調査部(部長検事パク・ウンジョン)は、チェ氏を性暴行犯罪の処罰などに関する特例法違反(カメラ等利用撮影)、傷害、脅迫などの疑いで在宅起訴した。

チェ氏は、昨年8月にハラの意思に反して隠れて身体を撮影した疑いを受け、9月にはハラと争う過程で腕と脚などを殴ってあざの残るケガを負わせ、「性関係の動画を流布する」と脅迫した疑いを受けた。

しかしチェ氏が韓国メディアに、ハラの動画を送ると脅迫したが、実際には送っていないことが確認され、性暴力処罰法上の映像流布容疑は、「容疑なし」の処分となった。現在チェ氏は、調査の過程で容疑を否認しているが、CCTV(防犯カメラ)映像などの証拠により疑いが立証されると判断して、地検は在宅起訴を決定した。

一方、双方暴行の疑いで調査受けたハラは、起訴猶予にとどまった。起訴猶予は疑いは認められるが、犯行の動機、状況等を参酌して起訴せずに善処する処分だ。
検察は、ハラがチェ氏の顔を引っ掻くなどして傷を負わせた疑いが認められるものの、チェ氏が先に暴言と暴行をはたらいた点、さらに性的動画を流布すると脅迫され精神的苦痛を受けたことなどを考慮したためと明らかにした。




ページ上部へ戻る