”鼻咽頭がんで闘病中”キム・ウビン、入隊不可判定受ける

鼻咽頭がんで闘病中の俳優キム・ウビンが軍免除判定を受けた。

今月26日、キム・ウビンの所属事務所であるsidusHQは、公式プレスリリースを通じて「昨年5月に鼻咽頭がんと診断され、化学療法を終えたばかりなので、兵務庁より入隊延期との通知を受けていた」とした上で、「その後、再身体検査を受け、身体等級6級の入隊不可判定を受けた。現在は、定期的に検査を受け、回復のために力を入れているところだ」と発表した。

キム・ウビンは、5月に鼻咽頭がんの診断を受け、治療に集中するために芸能活動を中断した。人気絶頂の中での突然のキム・ウビンの闘病ニュースは世間に大きな衝撃を与えた。

キム・ウビンは昨年12月に自身のファンカフェに「皆さんの応援と祈りのおかげで3回の化学療法と35回の放射線治療を無事に終えた。現在、治療を終え定期的に追跡検査を受けながら回復している。再び挨拶するまでには時間がもう少し必要そうだ」と掲載、近況をファンに報告していた。

ページ上部へ戻る