”闘病中”キム・ウビン、7ヶ月ぶりに直筆手紙で近況報告「35回の放射線治療を無事終えた」

上咽頭がんで闘病中の俳優キム・ウビンが7ヶ月ぶりに直筆の手紙で近況を伝えた。

キム・ウビンは、29日午後、ファンカフェを通じて直接書いた長文を掲載した。

この長文でキム・ウビンは、「もっと早く伝えたかったが、忙しく治療を受けて体を休めるのに7ヶ月という時間が過ぎてしまいました」としながら、「皆さんの応援と祈りのおかげで3回の化学療法と35回の放射線治療を無事終えました。治療の合間、ファンカフェとSNSに載せていただく応援のコメントを読みながら、より頑張ることができました。心から感謝します」と近況とファンへの感謝の気持ちをを伝えた。

そして、「現在、私は治療を終えて、定期的に追跡検査をし、回復しています。軽く散歩もしており、食事も定期的にしながら、以前より体力が少しずつ良くなっていることを感じます。しかし、どうしても再び挨拶いただくまでには時間が少し必要だと思います」と伝えた。

映画やドラマなどを通じて大きな人気を集めてきたキム・ウビンは、5月に上咽頭がんの診断を受け闘病であることを発表、ファンは大きな衝撃を受けた。

上咽頭がんと診断された後は、すべての芸能活動を中止し、現在まで治療に専念してきた。
キム・ウビンの闘病中、同僚俳優らの応援が続いた。また、キム・ウビンが出演予定だったチェ・ドンフン監督の映画「盗聴」は、キム・ウビンのために作品の製作を延期した。

モデルとしてデビューしたキム・ウビンは、ドラマ「学校2013」に出演しその顔が大きく知られるようになった。その後、ドラマ「相続人」や映画「友人2」、「技術者たち」、「二十歳」、「MASTER/マスター」などに出演し大きな人気を集めている。




ページ上部へ戻る