映画「ベテラン」、観客動員数700万人を突破&14日連続ボックスオフィス1位!!

「ベテラン」の写真累積観客動員数700万人を突破した映画「ベテラン」が14日連続ボックスオフィスのトップの座を維持し人気を集めている。

映画振興委員会映画館入場券統合ネットワークの集計結果によると、映画「ベテラン」(監督リュ・スンワン)は18日、韓国全国973のスクリーンで5,065回上映され、27万5,763人の観客を集めてボックスオフィス1位になった。これにより累積観客動員数は、722万9,337人となった。今回の記録は、映画「暗殺」が立てた記録と同じ今年の韓国映画最短タイ記録である。

今夏、映画「暗殺」が大ヒットし大きな話題となったが、「暗殺」と同じ速度で映画「ベテラン」も観客動員数700万を記録し勢いを見せている。昨年の夏に公開された映画「鳴梁」が1,761万人の観客を集めたのに続き、「海賊:海に行った盗賊」が866万人の観客を動員し両作ともに興行記録を残したこともあり、今年の夏の韓国映画の連続興行成績に関係者の期待も集まっている。

映画「ベテラン」は、傍若無人で唯我独尊の財閥3世を追うベテラン広域捜査隊の活躍を描いた犯罪アクション映画で、ファン・ジョンミン、ユ・アイン、オ・ダルス、ユ・ヘジンなどが出演している。公開3日目で100万、4日目には200万、6日目には200万、9日目には400万、10日目には500万、12日目には600万人の観客を動員し順調に記録を積み重ねている。

18日のボックスオフィス2位には「暗殺」、 3位は「ミッションインポッシブル:ログネーション」が続いた。

ページ上部へ戻る