脅迫事件」イ・ビョンホン、証人として法廷に出席!被告の証拠に「覚えていない・・・」

俳優イ・ビョンホンが「脅迫事件」と関連して裁判に証人として出席し注目を集めた。

24日、イ・ビョンホンを脅迫してお金を要求した疑いで起訴されたGLAMのダヒとモデルイ・ジヨンの2次公判が非公開に行われた。

イ・ビョンホンは、この日の午後1時37分頃裁判所に証人として出席した。イ・ビョンホンは警護員、マネージャーなど6〜7人を同伴して、裁判所に姿を見せた。取材陣の質問に答えず、まっすぐに法廷に向かった。イ・ビョンホンが証人として出席した公判は、非公開の中で行われた。

この日の裁判は、午後2時から5時30分まで約3時間30分間行われた。この公判でイ・ビョンホンは、被告のダヒ、イ・ジヨンから証拠として提出された動画を一緒に見た後、2人の女性と初めて会った経緯と脅迫を受けるまでの過程を示した。イ・ダヒが、「交際している関係だった」とし、証拠としてカカオトークのメッセージを提示したが、イ・ビョンホンは「冗談だった」、「覚えていない」と否認したと伝えられた。

裁判が終わった後、イ・ビョンホンは、「現状のまま誠実に回答したため、結果を待つ」と心境を伝えた。3次公判は、12月16日に行われる予定だ。

GLAMのダヒとモデルイ・ジヨンは、酒の席で密かに撮影したイ・ビョンホンとのわいせつな話の動画を口実にイ・ビョンホンに金銭を要求し脅迫した疑いで起訴された。イ・ビョンホンは、脅迫を受けた後、すぐに警察に2人を申告した。


ページ上部へ戻る