BIGBANG T.O.P、所属事務所が大麻吸引の疑いで調査を受けたことを認める

BIGBANG T.O.Pの所属事務所であるYGエンターテイメントがT.O.Pが大麻吸引の疑いで警察調査を受けたことを認めた。ニュース報道を受け、YGエンターテイメントの株価は急落した。

1日、韓国のマスコミは、T.O.Pが大麻吸引の疑いにより警察に摘発されたと報じた。
現在、T.O.Pは軍服務中だが、入隊前の昨年10月頃に自宅で知人の女性と3回に渡って大麻を吸引した疑いが持たれ、最近T.O.Pの毛髪検査が行われた。そして、その結果大麻吸引の陽性反応が出たと報じられた。
大麻を吸引した時に一緒にいた知人女性は、歌手志望の後輩であったという。

YGエンターテインメントは、報道について謝罪した上で、「確認した結果、報道された通り、チェ・スンヒョン(T.O.P) は、義務警察への入隊前の大麻吸引容疑で、最近義務警察の服務中に捜査機関に召喚されました。
全ての調査を誠実に終えた状態であり、調査の過程で自身の容疑を大方認めており、深く反省しています」と報道を認めた。

今年2月に入隊したT.O.Pは、現在、江南警察署で服務中だ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る
Translate »