AOAのステージにFTISLANDホンギがサプライズ登場! N.Flyingは「Hello SOLO」を初パフォーマンス! 今年もFNC KINGDOMで、豪華なコラボとライブが実現【オフィシャルレポ】

【無料お試しも▶▶】 韓国ドラマ動画配信サービス徹底比較ランキング!

FTISLAND、CNBLUEらが所属するFNC Entertainmentが主催する音楽フェスティバル、『2016 FNC KINGDOM IN JAPAN – CREEPY NIGHTS -』が、12月10・11日の2日間、千葉県・幕張メッセ国際展示場で開催された。

4回目となる今年は、「CREEPY NIGHTS=身の毛もよだつ夜」というタイトル通り、会場は荒廃した城をイメージしたホラーな雰囲気。城に幽閉された魔女に仲たがいをする魔法をかけられたFTISLAND、CNBLUE、AOA、N.Flying、SF9、HONEYST(デビュー準備バンド)ら6グループが、FNC KINGDOMの王座をめぐり競い合うというコンセプトで開催された。

怪しい城の暗闇の中に、黒のスーツで黒いグランドピアノを弾くFTISLANDのジョンフン、白のスーツで白いグランドピアノを弾くCNBLUEのヨンファが浮かび上がると、FNCを代表するグループのリーダーによるレアなピアノ連弾でライブは幕開け。オープニングには黒いマントを被ったアーティストがグループごとに登場し、長いセンターステージに6グループが揃うとホンギ(FTISLAND)とヨンファ(CNBLUE)のふたりによる「Are You Ready?」(ヨンファ)、「ヨロシク!」(ホンギ)という掛け声で開会宣言が行われた。AOAは、初日はネクタイが映えるミニスカートの制服、2日目にはベースボールユニフォームというのキュートな衣装で登場。「特別なことを準備しました」(ミナ)、「皆さんもビックリすると思います」(チャンミ)というと、T.M.Revolutionの西川貴教とのコラボ曲「愛をちょうだい」が始まると、西川のパートにFTISLANDのホンギが登場し、パワフルな歌声を聴かせると会場も大盛り上がり。最後にAOAメンバーに囲まれ、かけていたサングラスを外してキメポーズをして更に会場を沸かせると、「ホンギ先輩と一緒に歌えて、特別なステージになりました」とソリョンも喜びの声をあげた。ほかにも11月30日にリリースされたばかりの日本2ndアルバム『RUNWAY』リード曲で、小室哲哉の名曲をリメイクした「WOW WAR TONIGHT 〜時には起こせよムーヴメント girls ver.」などシングル曲やアルバムのリード曲など、日本活動を代表する6曲を披露。2日目の最後は「初めてのFNC KINGDOMで歌った曲です」(ミナ)と、日本デビュー曲の「ミニスカート」のセクシーなパフォーマンスで締めくくった。グループを超えたコラボレーションや、普段見られないソロステージが見られるのもFNC KINGDOMの特徴だが、AOAは、メインボーカルのチョアとラッパーのジミンがソロステージを披露。セクシーなミニドレスで登場したチョアは、アリシア・キースの「If I Ain’t Got You」で伸びやかな声を聴かせ、女性ラッパーのバトル番組「UNPRETTY RAPSTAR」で実力派として注目されたジミンは、番組で大ヒットした自身のソロ曲「PUSS」をパフォーマンスしたが、10月に韓国デビューを飾ったばかりのFNC初の男性ダンスボーカルグループ、SF9のメインラッパー、ジュホとのコラボで攻撃的かつセクシーなラップを展開し、その実力を見せつけた。昨年、このステージで日本メジャーデビューを発表したN.Flyingは、初日に「ALL IN」「Knock Knock」「ギガマッキョ」を演奏。2日目のステージでは、チャ・フンが「7月に日本で「Endless Summer」をリリースした後、FNC KINGDOMのステージのために練習を積みました」と言ったが、1曲目に「Hello SOLO」を初パフォーマンスしてファンを驚かせた。スンヒョプが悪魔のレリーフの入った壁を見て「セットが怖いです」と言えばグァンジンが「ファンの皆さんがいれば怖くないよ。皆さんは、エンジェルだから」と返し黄色い声を集めると、「今は冬だけど、夏みたいな熱気あふれるステージを作りたい」と言って「Endless Summer」に突入。最後はスンヒョプの弾くピアノのリフが印象的な「ギガマッキョ」で力強い演奏を聴かせた。

ヘッドライナーは、1日目を日本メジャーデビュー5周年のアリーナツアーを終えたばかりのCNBLUE、2日目をアジアツアーの台湾公演を終えたばかりのFTISLANDが交代で務めたが、ライブ慣れしている2組のバンドの出来は完璧。セットリストを2日間ガラリと変え、両日印象の異なるステージを展開。ファンとの巧みなコールアンドレスポンスで一体感を高めながら、ベテランらしい盛り上げを見せた。FNC KINGDOMならではのステージでは、FTISLANDのホンギ、CNBLUEのヨンファ、ジョンヒョンというソロ・アルバムをリリースした3人がソロステージを行ったが、ジミン(AOA)のソロステージ同様、SF9メンバーをフィーチャリングに迎えた曲を披露し、新人グループSF9への期待の大きさをうかがわせた。また、FTISLANDのジョンフンが初のKINGDOMソロ・ステージに挑戦。ファンミーティングで大ウケした浦島太郎(桐谷健太)の「海の声」をカヴァーしたが、三線を持ちながら感情を込めて歌う彼の貴重なステージにファンも大満足の様子だった。6グループ、6ソロ・アーティストの競演は、なんと、約4時間45分の大ボリューム。フィナーレには再びアーティストが大集結したが、ミナはチャンミ(AOA)を、ジェヒョン(N.Flying)はミンファン(FTISLAND)をおんぶをしたり、ジョンシン(CNBLUE)、スンヒョン(FTISLAND)、へジョン、ユナ(AOA)は肩に手を乗せて一列になって登場。ジェジン(FTISLAND)、ミンヒョク(CNBLUE)、グァンジン(N.Flying)はでんぐり返しをしながら、AOAのジミンはCNBLUEのジョンヒョンに肩車されながらステージへ。各グループが入り乱れながら楽しい雰囲気でセンターステージに集合。最後に顔をタオルで隠したFTISLANDとCNBLUEのTシャツのふたり組が登場し、メインステージ中央でタオルを取ると、自分のグループとは逆のCNBLUEのTシャツを着たホンギとFTISLANDのTシャツを着たヨンファが現れ、「ありがとう!」と笑顔を見せると、「今年も無事に終えることができました。来年も頑張りますので、たくさんの応援をお願いします」と、ホンギが改めて感謝を伝え、ステージ上で客席のファンと一緒に記念撮影。そして次々にステージからフロアに降りてファンとハイタッチをしながら花道のまわりを1周すると、最後に再びメインステージに戻り全員が一列になって手をつなぎ「ありがとうございました!」と礼。魔女がかけた“仲たがいをする魔法”はFNCアーティストたちにまったく効かずに、6グループが仲良く結束を高めて『2016 FNC KINGDOM IN JAPAN – CREEPY NIGHTS -』の幕は閉じた。

この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »