リョウク(SUPER JUNIOR)、INFINITEほか「Power of K 2016~Korea TV Fes in Japan」夜公演 取材レポート(後半編)全4ページ

KNTVとDATVが主催で行われたK-POP fes「Power of K 2016~Korea TV Fes in Japan」が、4月24日(日)幕張メッセ国際展示場にて開催され、豪華なアーティストたちの夢の共演が実現した。

出演アーティストには、SUPER JUNIOR-RYEOWOOK(リョウク)、INFINITE、防弾少年団、MONSTAX、Lovelyz、オープニングアクトはBEE SHUFFLEが務め、MCにはSUPER JUNIOR-LEETEUK(イトゥク)、ク・ハラ(KARA)という豪華な出演者たちが顏を揃えたK-POPイベントとなった。
SUPER JUNIOR-RYEOWOOK(リョウク)、INFINITEが登場した後半の様子をお届けします。

前半編はこちら↓
防弾少年団、MONSTA X、Lovelyz、BEE SHUFFLEほか「Power of K 2016~Korea TV Fes in Japan」夜公演 取材レポート(前半編)

<INFINITE>
4組目は、シンクロ率99.9%のダンスパフォーマンスでファンを魅了し続け、2度のワールドツアーを大成功に収めた実力派7人組ダンスヴォーカルグループ、INFINITEが登場。大歓声の中『Back』『Destiny』で会場をドラマティックな世界へと連れ込んだ。

INFINITE (1)「こんばんはINFINITEです」と挨拶し、椅子に座って歌っていたリーダーのソンギュが「お久しぶりです。元気でしたか?僕は足を怪我したせいでイスに座ってました。本当にごめんなさい。でも皆さんの声を聞いたおかげで、もう痛くありません。心配しないでください。」とファンに元気な姿をアピールした。

「僕たちがいない間、寂しくなかったですか?」と問いかけ、ソンジョンが「僕はとっても寂しかったです、シクシク!」というおちゃめな言葉に悲鳴が沸き、ウヒョンも負けずに「僕も凄くみなさんに会いたかったです、シクシクー!」と言って笑わせた。エルは「2か月会えなかった分、頑張りたいと思います。」と、ラブバラード曲『Love of My Life』と『Diamond』で会場を温かく包んだ。

ヒットナンバー『Paradise』で圧巻のステージを見せると、息を整えながら「僕たちもぜんぜん~疲れてません!」とドンウ。ソンギュは「僕も早く足を直して踊る姿を見せします。そしてもうすぐうちのハート王子ウヒョン君のソロアルバムが発売されます。ぜひ聴いてください!」と紹介され、メンバーから「おめでとう!」と冷やかされ照れくさそうなウヒョン。
「また会いに来ます。最後の最後まで楽しんでください、ファイト!」「一緒に歌ってください」と『Julia(JP)』ではファンと一緒に歌い、手を振りながらサブステージへ。足を痛めているソンギュもランウェイをゆっくり歩きながらファンの近くへ向かった。
一糸乱れぬダンスパフォーマンスのナンバー『Be Mine』、そして最後は『Bad』で幻想的なメロディと圧倒的なダンスでファンと一体となった掛け声で会場を盛り上げた。

INFINITE (2)

ハラが「私は沢山の曲が聴けて嬉しかったんですけど、SUPER JUNIORの皆さんはお元気ですか?」とイトゥクに尋ねると「みんな元気ですよ、それぞれのソロ活動で忙しいです。」そして「最後のアーティストですけど紹介してください。」と促すと「僕が大好きな!リョウク!」

(トリを飾ったリョウク(SUPER JUNIOR )へ!)
※ページ最下部より、次のページへ続きます!

この記事もよく読まれています!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ:

1

2 3 4
ページ上部へ戻る
Translate »