JYJジュンス楽​曲配信決定!韓国大ヒットドラマ「​天命」OST今夏発売​!

天命メイン韓国で高視聴率を記録し話題沸騰中の人気ドラマ「天命」(テンメイ)の日本版OSTの発売ならび に、OSTに参加したスーパースター、JYJジュンスの楽曲「パボ カスム(愚かな想い)」が6/3(月)より日本国内で配信スタートする運びとなった。

JYJキム・ジュンス参加の「天命:朝鮮版逃亡者の物語」OSTはこちら!

韓国ドラマ「天命」は、殺人の濡れ衣を着せられて逃亡者となった医官チェ・ウォンが、不治の病にかかった娘を助けようと孤軍奮闘する物語を描く歴史ドラマ。濡れ衣を着せられた内医院の医官チェ・ウォンを演じるイ・ドンウク初の時代劇ということもあり、高い人気を集めている。

重厚なストーリーで物語が佳境を迎える中、ドラマ第五話の劇中でジュンスの歌う「パボ カスム(愚かな想い)」が公開されるやいなや、ドラマの中で1 分ほど流れただけにも関わらず、瞬く間に検索ワードで1 位を獲得、情感溢れる切ない歌声が大きな話題を呼びんだ。

「もう十分です。胸が苦しいのは、この痛い涙は…」切ない旋律に乗ってジュンスのストレートな歌声で始まるこの曲は、サビの「愛しているから、大事だからこそ、近づくことさえできない愚かな想い」と続き、より一層聞く者の心に染み渡る。劇中、「愛」をテーマにしたシーンで印象的に流され、より一層ストーリーに深みを与えている。

作曲は「愛しています」をヒットさせたウィ・ジョンス、作詞は「最高の愛」OST に参加したプロデューサー カン・ウギョンが務めており、最高のスタッフがクリエイターとして参加。レコーディングの際には、広い声域が必要なこの曲を楽々と情熱豊かに歌い上げ、ボーカリストとしてのプロ精神と歌唱力でスタッフたちを感嘆させたというジュンス。

更にはミックス作業にも参加しており、この曲への思い入れの高さが感じられる。韓国を代表する名曲がまたひとつ誕生したことを実感させてくれる話題曲「パボ カスム(愚かな想い)」は、日本でもファンが待ち詫びる中、6/3(月)より音楽配信開始され、さらに夏には、「天命」日本版OSTの発売される。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る
Translate »