T-ARA(ティアラ)の所属事務所HPハッキング・・・犯人は17歳の高校生!

T-araの写真

女性アイドルグループT-ARA(ティアラ)やDavichi(ダビチ)、俳優ハ・ソクジンなどが所属するコアコンテンツメディアのホームページがハッキングされた事件で、ハッキングの犯人が17歳の平凡な高校生であることが明らかになった。

16日、同事件についてコアコンテンツメディア関係者は「事件を捜査していた江南警察署からホームページをハッキングした犯人を特定したとの連絡を受けた。犯人は17歳の平凡な高校生で、特にアンチファンというわけではなく、友人にけしかけられて犯行に及んだことが判明した」とし、「その犯人はまだ若い学生であり、自分がした行動に対して心から反省しているようだ。江南警察署に適切に対処するよう要請した」とコメントした。

コアコンテンツメディアの公式ホームページは15日にハッキング被害にあったため、アクセス不可能な状態に陥った。コアコンテンツメディアの関係者によると、すぐにサーバーを遮断しホームページを回復したとのことで、今後の状況を見ながら再度サイトを再開する予定とのことだ。

写真:コアコンテンツメディア


この記事も一緒にどうぞ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!

ページ上部へ戻る
Translate »