BLANK2Y(ブランキ―)ライブツアー2022「BLANK2Y 1st MEET & LIVE TOUR FUEGO」セトリと現場レポ!「今日眠れなくなりそうです」【取材レポート】

BLANK2Y ライブ
韓国、日本、中国の多国籍メンバーで構成されたBLANK2Y(ブランキ―)が、8月にデジタルリリースされたニューアルバム「K2Y II:PASSION FUEGO」を記念して、韓国や日本でのツアー「BLANK2Y 1st MEET & LIVE TOUR FUEGO」を開催。10月1日(土)には池袋の「harevutai」にて公演&特典会が行われた。

昼公演の様子の取材レポートをお届けします!
記事最後には今回のライブのセトリも掲載しました。

「BLANK2Y 1st MEET & LIVE TOUR FUEGO」10月1日@池袋 BLANK2Yライブ取材レポート!

今年6月に初来日し4か月ぶりの来日となったBLANK2Yは、さらに成長した姿で再び来日し、待ちに待ったK2YWE(キーウィ:ファンの愛称)との再会を果たした。

オープニングには、情熱を呼び起こしてくれるアルバムのタイトル曲「FUEGO(Burn it up) 」を熱くパワフルに披露すると、「Touch」では、しなやかな動きのドラマティックなステージで一気に会場を熱狂に包んだ。

MCのNICE73の進行で、止まらない汗を拭きながら挨拶へ。

U「BLANK2YのUです。お久しぶりです」

DK「はじめして、僕はDKです。来てくれてありがとうございます」

ソンジュン「こんにちは、僕はソンジュンです。会いたかったです!」

ルイ「僕はBLANK2Yのムキムキ!ルイです。よろしくお願いします!」

ヨンビン「はじめまして、僕はヨンビンです。」

マイキー「帰ってきたで~!どうもマイキーです」

ソダム「はじめまして、僕はソダムです、大好き!」

シウ「はじめまして、僕はシウです」

ドンヒョク「はじめまして、僕はドンヒョクです」

日本人のマイキー以外も日本語で挨拶するメンバーたちに、会場のK2YWE(ファン)からは度々温かい声援が起こっていた。

久しぶりに日本に来ての様子を聞かれると、「お好み焼き」「もんじゃ焼き」「焼肉」を食べたことを嬉しそうに説明するドンヒョク。ファンとの交流にルイは「日本語が出来ないので、…ファンの皆さんが助けてくれたので凄く嬉しかったです」と、はにかみながら語った。「一蘭」のラーメンを食べに行ったというソンジュン。そしてシウは「メガドン・キホーテ」で、キャラクターの人形とピーチのリップを買ったことを嬉しそうに語り、キュートな一面を見せた。

「BLANK2Yチュートリアル」で45問の質問に答えたメンバー

最初のコーナーは、もっとメンバーの事が知りたいファンの為に、45問の質問にリレー形でどんどん答えていくという「BLANK2Yチュートリアル」のコーナー。

メンバーは縦一列に並んで質問スタート!

(質問と答えは以下の通り)

Q1.日本のK2YWEは、ありがとうvs愛してる

「愛してる(ヨンビン)」

Q2.あなたの正体は、天使or妖精

「天使(マイキー)」

Q3.あなたの全盛期は、昨日or今日

「今日(ルイ)」

Q4.最もよく使っている絵文字を顔で再現

「指ハート(シウ)」

Q5.寝るときに抱いているものは、ぬいぐるみorまくら

「ぬいぐるみ(ドンヒョク)」

Q6.日本に来て一番最初に食べた物は?

「肉です(U)」

Q,7みんなを釘付けにできる隠しておいた魅力は?セクシーorタフ

「セクシー(DK)」

Q.8いつも持ち歩いているものは?

「iPhone(ソダム)」

Q9.電話を切る時の最後の言葉は?

「またね(ソンジュン)」

Q10.ウインク10回vs投げキッス10回

「ウインク10回披露(ヨンビン)」

Q11.昨日寝る前に最後にしたことは?

「ソンジュンに絡みに行った(マイキー)」

Q12.寝る時、布団をしっかりかけて寝るvsかけずに寝る

「かけずに寝る(ルイ)」

Q13.最近流行っている自分だけのファッションアイテムは?

「バッグ(シウ)」

Q14.最近一番よく聴く歌は?

「韓国のファンミでも言ったという『Etham / 12:45』をアカペラで披露(ドンヒョク)」

Q15.アラームが鳴ったらすぐ起きるvs音に気付かない

「音に気付かない(U)」

Q16.最近最も興味があることは?

「メロンパンを探すこと(DK)」今回コンビニ3件まわったとか…。

Q17.日本行きの飛行機は窓際?廊下側?

「廊下側(ソダム)」

Q18.いくつまでサンタクロースを信じていた?

「信じてない(ソンジュン)」

Q19.目覚めずに最も長く寝られたのは何時間?

「 8時間(ヨンビン)」

Q20.今、一番聞きたい言葉は何ですか?

「おかえり!(マイキー)」

Q21.好きなフェイスパックは? 普通orキャラクター

「普通のフェイスパック(ルイ)」

Q22.寝る直前にどんなことを考えますか?明日何食べようかな?明日何着ようかな?

「何着ようかな(シウ)」

Q23.普段の連絡の取り方は? 電話orメッセージ

「めっちゃ電話(ドンヒョク)」

Q24.刺身vs肉

「肉(U)」

Q25.マンツーマンTシャツvsフード付きTシャツ

「フード付き(DK)」

Q26.一番好きな自撮りフィルターは?

「オリジナル!(ソダム)」

Q27.一番映りがいい自撮りの角度は?

ソンジュン)自撮りポーズに会場から“可愛い~”の声

Q28.今年呼んだ本は何冊?

「0冊(ヨンビン)」

Q29.一番よく似合うヘアカラーは?

「黒髪(マイキー)」

Q30.絶対諦められないことは? ヘアvsメイク

「ヘア(ルイ)」

Q31.日本に来て一番食べたかったものは?

「こんにゃくゼリー(シウ)」

Q32.寿司はマグロvsうなぎ

「マグロ(ドンヒョク)」

Q33.海外にツアーに必ず持っていく必須アイテムは?

「服(U)」

Q34.日本のK2YWEとみんなで映画を見に行くならコメディー映画orロマンス映画

「ロマンス映画(DK)」

Q35.旅行は汽車or自転車

「新幹線! (ソダム)」

Q36.スーツvsカジュアル

「スーツ(ソンジュン)」

Q37.夏にダウンジャケットvs冬に半袖

「冬に半袖(ヨンビン)」

Q38.K2YWEに披露したいのは Aアクロバット B伴奏無しでダンス

「ダンス(マイキー)」ここで伴奏なしでキレッキレのダンスを披露。

Q39.よく食べる夜食メニューBEST3は?

「すき焼き、寿司、ラーメン(ルイ)」

Q40.K2YWEにお勧めしたい歌は?

「THE BOYZ先輩の『THRILL RIDE』(シウ)サビを歌う。

Q41.自分の名前の検索回数は10回以上or10回以下

「1日に2、3回位(ドンヒョク)」

Q42.犬vs猫

「猫派(U)」

Q43.僕は実はキュートor セクシー

「キュート!“K2YWE僕のもの~”(DK)」

Q44.今この瞬間思い浮かぶ言葉は?

「愛してる~(ソダム)」

Q45.K2YWEが一番愛おしい時はいつ?温かく見つめられる時orオフィシャルカフェで愛を込めた手紙を書いてくれる時

「一番は選べない!(ソンジュン)」

(※表現が違っている場合もあります。ご了承ください。)

どんな質問にも答えるメンバーたち。沢山も魅力にファンも胸キュンの連続の時間となった。

次に、このイベントのために準備したユニットでカバー曲を披露。ヨンビン、ソダム、MIKEY、DK、Uとドンヒョク、ルイ、ソンジュン、シウに分かれてパワフルなパフォーマンスで会場を魅了した。
さらにこれまでのグループ活動の映像が流れると、学生服姿で登場したメンバーたちにファンも大喜び。全員でPRODUCE X 101のコンセプト評価課題曲「이뻐이뻐 (Pretty Girl)」を披露し、キラキラ感溢れるキュートなパフォーマンスにファンをときめかせた。

続いて「Passion School (情熱学校)」のコーナー。授業参観の日、まるで男子校のように元気いっぱいの生徒たちが次々登校してくる。1時間目は「日本語の授業」ということで、日本で人気のある曲を歌うことに。マイキーが「パートを分けて練習してきた」と意気込みを語ると、それぞれ雰囲気たっぷりの姿で、しっとりと歌い上げる歌声にファンをうっとりさせた。

次は「美術の授業」。3チームに分かれて、BLANK2Y の公式Tシャツに制限時間3分でイラストを描くことに。チームごと楽しそうにお絵描きする様子に、見守るファンも自然と笑顔になる。出来上がったTシャツを披露し、試着したいというメンバーの意向でシウ、ヨンビン、ソンジュンが試着。似顔絵を描いたマイキーが「どのTシャツがいいか(ファンの)拍手で決めたい」と自信満々で提案するが、優勝はソンジュンのチームに決定。自分のチームが最下位となってしまうという誤算に苦笑いし会場を和ませた。この世界に一つしかないTシャツは抽選でファンにプレゼントされた。

「特別授業」では体を動かす授業。まずは手を振って腕の準備運動。チームワーク、パワー、スピードなどをチェックすることに。5つのミッションを9分以内で終了できればクリアというもの。

1つ目のミッションの「厚紙の上に乗る」では、どんどん小さくなっていく厚紙の上に全員集合しようと悪戦苦闘。
2つ目の「人間タワー」ではバランスを見て移動しながら一番いい形で人間ピラミッドに挑戦。
3つ目の「牛乳一気飲み」では、リレー形式で、なかなか飲めないメンバーの分をゴクゴク飲むメンバーがカバーしていく。
4つ目の「お姫様だっこ3回」では2人1組になって難なく3回クリア。

最後の「ホイップクリーム作りに挑戦」では慣れないエプロンをするのに苦戦する姿も可愛いメンバーたち。おちゃめな姿のままホイップを交代でかき混ぜていく。最後に混ぜていたドンヒョクがホイップの入ったボールを頭上で逆さまにするという行動に全員ビックリ。見事に固まって落ちてこない様子に会場からは大きな拍手が送られた。

無事に全てのミッションをクリアしたメンバーからK2YWEに「FUEGO(Burn it up)」の 2倍速ダンスをプレゼントして楽しませた。

『FUEGO』のカップリング曲『I Wish (K2YWE Song)』の 爽やかなMVの映像が流れると、MVが1日で260万回再生され、世界からも注目を浴びたデビュー曲「Thumbs Up」を力強い圧巻のパフォーマンスで会場の熱気は再び急上昇。「久しぶりの“Thumbs Up”はいかがでしたか?」にファンからは沢山の「かっこいい!」の声が上がった。「一番良かったステージは?」と会場に問いかけると「이뻐이뻐」という声に「毎日毎日練習しました!」と、この日のために準備してきたことを明かした。

さらに「FUEGO(Fearless)」では、カリスマ感溢れるキレキレのパフォーマンスを披露すると、マイキーは「K2YWEのみなさんの熱気が伝わってきて嬉しいです」Uは「今日も本当に感動しました。見にきてくれて本当にありがとうございます」と嬉しそうに語り、ソダムは「本当にありがとうございます。愛してる~」と指ハートでファンに愛情を表現した。

「久々の日本なんですけど、日本は最高ですね」とマイキー。「ムキムキ、ルイです、ヤーヤー」とお茶目な挨拶をしたルイは「今日来てくださったK2YWEのみなさん、本当にありがとうございました。愛してテウ!」と言って和ませた。DKは「いつもBLANK2Yのことを愛してくださって本当にありがとうございます。これからもBLANK2Yのことを愛してください」シウは「こうして来てくださって僕たちがエネルギーをもらった気がします。」さらにヨンビンは「(6月の時より)もっともっと沢山のエネルギーをいただけたような気がします」ソンジュンも「沢山沢山来るから僕たちのことを忘れないでくださいね。愛してます」と感謝の気持ちを伝えた。

まだまだ汗が止まらないメンバーたちは「あせあせ~」と汗を拭くジェスチャーをする姿がまた微笑ましい。今日の記念にファンと一緒に記念撮影をして思い出を残すと、ファンソングの「星座」では優しい歌声にファンも酔いしれ、会場は温かい空気に包まれた。

U「沢山の方々が来てくださってとても感謝しています。今後のBLANK2Yの活動を待っていてください。ありがとうございました。」

ソダム「今日は早くから来てくれて本当にありがとうございました。」

マイキー「今回日本では2回目のお披露目になるんですが、相変わらずこうして愛していただいてありがとうございます。これからももっともっと精力的に活動していきますので、これからもどんどん応援してください。ありがとうございます。」

ドンヒョク「今日、こんなに沢山来てくださるとは本当に思っていなかったので、とても幸せです。これからもいい思い出を沢山作っていければと思います。」

ルイ「まずは日本という国は本当に美しい国だと思います。いつも心から僕たちのことを愛してくださって感謝します。これからもずっと一緒にいましょう、愛してます。」

DK「今日は来てくださって本当にありがとうございます。K2YWEのせいで今日眠れなくなりそうです。愛してます。」

シウ「(日本語で)K2YWEめちゃめちゃ愛してる~」

ヨンビン「またすぐ日本に来られたらいいなと思います。また2部もあるんですけど、今日きてくださって本当にありがとうございます。」

ソンジュン「短くいきます!愛してます!ありがとうございます!」

さらにアンコールでは再び「FUEGO(Fearless)」を披露。ステージを自由に動きながらファンと交流を楽しみ、笑顔いっぱいの思い出を刻んだ時間となった。

ステージで見せるカリスマ感溢れる姿とはまた違ったお茶目な姿も沢山見せてくれたBLANK2Y。見るたびに成長していく姿を今後も期待していきたい。

BLANK2Y(ブランキ―)ライブツアー2022 セトリ

FUEGO(Burn it up)
Touch
Beatbox
トッケビプル
イポイポ(可愛い、可愛い)
Thumbs Up
FUEGO(Fearless)
星座
(アンコール)
FUEGO(Fearless)




関連記事

この記事へのコメント💬

  • 感想・推し愛コメントをどうぞ

  • コメント (0)

  1. ↓ この記事最初のコメントを書く

CAPTCHA