NCT 127リーダー・テヨンも紹介の「小さな星だけど輝いている」日本語版発売!韓国で「2021年間ベストセラーエッセイ第1位」の話題作


NCT 127リーダー・テヨンが紹介したことでファンの間で話題になっていた韓国エッセイ『小さな星だけど輝いている』が、2022年9月5日に日本で発売となる。

NCT 127のリーダー・TAEYONG(テヨン)が紹介した話題の本

Z世代を中心に、日本の読者からも厚い支持を集めている韓国エッセイ。
写真映えする装丁、そして心にじんわりと広がる温かな言葉がSNSを通じて拡散され、日韓それぞれでベストセラーとなる作品も相次いでいる。

「がんばれ」「もっとやれる」と励ますのではなく、「休んでいい」「ありのまま、あなたらしくいていい」と優しく包み込んでくれるようなメッセージの数々は、学業や仕事での競争や、昨今の社会情勢の変化などで疲れた人々の心を癒やしてくれる。人気の韓国アイドルがファンに向けて「おすすめの本」として紹介・朗読することも。

「小さな星だけど輝いている」も、世界的人気を誇るK-POPアイドルグループNCT 127のリーダー・テヨンが紹介し、韓国では2021年の年間ベストセラーエッセイランキングでも第1位に輝いた。

20万人の共感を呼んだ繊細な言葉たちが、書籍やテレビ番組の字幕など幅広い翻訳を手がける吉川南氏が丁寧に翻訳している。

「小さな星だけど輝いている」本文より~世界の多くの小さな星たちへ

わたしはこの本を、日常の暮らしの中で、自分の光を見つけようとする人たちのために書きました。多くの人と出会い、愛を学び、人間関係について思いわずらい、そしていまの自分をつくってくれた経験の中で、なんとか耐えて生きてきたわたしたちへの気持ちを、この本に込めました。

人生にはさまざまな意味がありますが、そのうち最も大きな意味を持っているのは「自分」だということを忘れないようにしましょう。他人の視線にとらわれて自分を見失い、さまよってはなりません。自分のない人生に、なんの意味があるでしょうか。だから、他人の基準ではなく、自分の基準に合わせて幸せに生きればいいのです。
ほかのことは気にする必要はありません。世の中のあれこれや、人の目を気にしていたら、自分に気持ちを向けることができません。そうして傷ついた心を抱きしめ、癒やしてあげないでいたら、自らの輝きを失ってしまうでしょうから。

これからは、自分と、自分を愛してくれる人だけに目を向けて生きてみましょう。
自分が好きなものは何か、自分を笑顔にしてくれるものは何か、自分を輝かせてくれるものは何か、それだけを考えるのです。

小さな星だけど輝いているみなさんを、いつも応援しています。

「小さな星だけど輝いてる」

「海の中だった」

「命中」

「ひとりでいる理由」

「小さな星だけど輝いている」目次

1 正解がなくても輝くのが人生
2 たぶん、愛じゃないかな
3 誰もが、少しずつ成長痛を経験する
4 あなたとわたしへの挨拶
おわりに 世界の多くの小さな星たちへ

「小さな星だけど輝いている」書籍情報

著者:ソユン

多情多感なのに表現することが苦手で、弱いくせに強く見せようとがんばる人。悲しみを癒やすためにときどき音楽を聞き、乱れた心を落ち着かせるために文章を書く人。繊細ではないけれど、温かいなぐさめが誰かの心に届くことを願っている。

訳者:吉川 南

朝鮮語・英語翻訳家。早稲田大学政治経済学部卒業。韓国の書籍やテレビ番組の字幕など、ジャンルを問わず幅広く翻訳を手がけている。 訳書に『私は私のままで生きることにした』(ワニブックス)、『「後回し」にしない技術』(文響社)、『今まであなたのこと友達だと思ってたのに』(かんき出版)、『勉強が面白くなる瞬間』(ダイヤモンド社)など多数。

定価:1,650円(税込)
判型:46判
体裁:並製
頁数:256頁
発行日:2022年9月5日




関連記事

この記事へのコメント💬

  • 感想・推し愛コメントをどうぞ

  • コメント (0)

  1. ↓ この記事最初のコメントを書く

CAPTCHA