日プ出身 ORβIT安藤誠明(TOMO)にDV疑惑の文春砲、所属事務所は全面否定&法的対応の立場示す

「PRODUCE101 JAPAN」©LAPONE ENTERTAINMENT

「PRODUCE 101 JAPAN」に出演するも、最終順位14位で惜しくもJO1メンバー入りを逃してしまった安藤誠明。現在、7人組ボーイズグループORβITのメンバーTOMOとして活躍している。

そんな安藤誠明にDV疑惑の記事が出たことで、応援するファンの間に衝撃が走った。
週刊文春が、ORβITの安藤誠明が年上の彼女に対し壮絶DVを繰り返したと文春砲を放ったのだ。

ORβIT安藤誠明が年上の彼女に壮絶DVを繰り返した?【文春砲】報道

15日、週刊文春は、過去に安藤誠明が恋人(Aさん)にDV被害を与え、警察署の聴取で暴行を認めたことがあると報じた。

報道によると、交際相手のAさんは病院で診断書をもらったが、安藤誠明の「結婚しよう」という言葉を信じて最終的に被害届は提出しなかったという。

付かず離れずの関係が続く中、精神的に不安定になったAさんが自殺未遂を図り、それを察知した安藤誠明が救急車を呼んだことでAさんは一命をとりとめた。

しかしその後、Aさんは安藤誠明から「ストーカー」扱いされ、警察がやって来たという。

ORβIT安藤誠明DV疑惑報道に対する所属事務所の立場(文春報道)

安藤誠明の所属事務所に質問状を送った週刊文春は、「DVを働いていたという事実は断じてない」と所属事務所側がAさんの主張を全面否定したと伝えた。

(行為中の)暴力行為については「彼女の要望に応えたもの」と説明、診断書については「(お酒と薬を大量に飲んで)救急車で搬送された病院で診断書を取ったと聞いている」とした。

また、「ストーカー」被害届けについては、所属事務所社長と警察が提案したものの、安藤誠明が「Aさんを犯罪者には絶対したくない。悪いのはすべて自分で、関係を断ち切りたいだけ」と強く望んだため、社長が警察に相談したものだと伝えた。

所属事務所はORβIT公式サイトで週刊文春報道について全面否定、法的対応の手続き中

週刊文春報道について所属事務所は15日、ORβIT公式サイトで「TOMOの一部報道に関しまして」というタイトルで、公式の立場を伝えた。

所属事務所は「安藤誠明と女性の交際が始まったのは専属契約を締結する前」であったとし、先月26日に本人の報告で初めて相手女性の存在を知ったと説明した。

そして、「編集部に全ての質問に誠実に回答させていただいたものの、相手女性側の一方的な情報に偏った記事が出たことを非常に残念に思っている」と伝えた。

今後については、相手女性に対して法的手段を取るべく現在手続き中であることを明らかにし、安藤誠明(TOMO)本人も近日中に声明を発表する予定だと伝えた。

所属事務所公式の立場【ORβIT公式サイト】

写真:ORβIT公式サイト

日プでは抜群のビジュアルとボーカルで「安藤くん」がトレンド入りするほど人気を集めた

「PRODUCE101 JAPAN」©LAPONE ENTERTAINMENT

「PRODUCE 101 JAPAN」放送当時、安藤誠明は、端正なビジュアルとボーカルで人気を集め、常にデビュー圏内の順位をキープしていた。(最終順位以外はすべて11位以内に入っていた)
そのため河野純喜や與那城奨と揃ってデビューは確実と思われていたが、最終回でまさかの14位となりデビュー組には入れなかった。

取材レポ2ページ目には最終回出演者の舞台写真も

当時の番狂わせな落選確定後には「安藤くん」がツイッターでトレンド入りするほど惜しむ声が上がっていた。

現在は、日韓7人グループORβITで活躍、ORβITは、全国5都市で開催の「Dream Gate 01」に出演中だ。

7月1日からの無期限活動休止が発表




関連記事

この記事も一緒にいかが?

この記事へのコメント💬

  • 感想・推し愛コメントをどうぞ

  • コメント (0)

  1. ↓ この記事最初のコメントを書く

CAPTCHA