【取材レポ】JO1金城碧海が笑顔で復帰「完成形へ近づけるように頑張っていきたい」JO1 THE MOVIE『未完成』-Go to the TOP-完成記念プレミア試写会レポート

  • 2022/3/9
  • 【取材レポ】JO1金城碧海が笑顔で復帰「完成形へ近づけるように頑張っていきたい」JO1 THE MOVIE『未完成』-Go to the TOP-完成記念プレミア試写会レポート はコメントを受け付けていません

上左から ⾦城碧海、與那城奨、⽩岩瑠姫、鶴房汐恩、大平祥⽣、佐藤景瑚
下左から ⽊全翔也、川尻蓮、⾖原⼀成、川⻄拓実、河野純喜

グローバルボーイズグループ『JO1』が、初のドキュメンタリー映画「JO1 THE MOVIE『未完成』-Go to the TOP-」(3月11日全国公開)の完成記念プレミア試写会がデビュー3年目を迎えた3月4日(金)にTOHOシネマズ新宿で行なわれた。

会場にはムビチケ前売券の購入者から抽選で選ばれた200名が招待され、JO1とJAM(ファン)とで一緒に記念日を祝った。
さらに、昨年11月に開催された念願の有観客ライブでは金城碧海が不参加だったが、この日は笑顔で復帰し、久しぶりの11人での登壇にJAMを喜ばせた。

映画は“サバイバル“オーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」で選ばれた11人がJO1としてデビュー初期から2021年の念願の初有観客ライブまでの怒涛の2年間を密着。デビュー直後から新型コロナの影響で活動が制限されるなか、様々な活動や思いを通じてファンとの絆を深め、新たな存在感を作り上げてきたJO1。普段オモテでは見られない沢山の葛藤や裏側の努力と感動が映し出されている。

10人で登壇したJO1は、「Go to the TOP-JO1です!」と挨拶し自己紹介へ。「キングオブ未完成、川尻蓮です」や「今日の晩御飯は何にしようかな?」と言う木全、「ちょっとお腹が痛い鶴房汐恩です」など、それぞれ個性的な挨拶をすると、最後にリーダーの與那城が「大事なお知らせがあります」と切り出した。
「映画のタイトルが『未完成』なんですが、僕たちが完成形に近づくために欠かせないメンバーがいますので一緒に!」と呼びかけ、全員で「せーの、スカーイ!」の掛け声で金城碧海が照れながら笑顔で登場。すれ違うメンバーとハイタッチをしながら自分の位置に立った。

「おかえりなさい!」に金城は「ただいまー。みなさん、お待たせしました」と笑顔を見せ、あらためて11人で「Go to the TOP JO1です」と挨拶。
「本当にむっちゃ緊張してます、今。久しぶりにみなさんの前に出て、ここに居られるのもJAMのみなさんのおかげだし、メンバーのおかげだと思ってます。まだまだ未完成ですけど、これから完成形に近づけるように頑張っていきたいと思ってますので、これからも応援よろしくお願いします。」と復帰への意気込みを語った。

Q.11人揃ったということでいかがでしょうか?

川尻「碧海が言ってくれたとおり、『JO1』が完成形に近づくためには、JAMのみなさんのためにも碧海は必要不可欠な存在だと思うので、これから11人と沢山のJAMのみなさんとTOPまで歩いていけたらなと、あらためて思ってます。おかえり!「ただいま!(碧海)」(笑)」

大平「こうやって11人揃ったら『JO1』だなってなりますね。お客さんを見てると碧海が来てくれて安心してる表情とか沢山見えるので、碧海が頑張ってくれて良かったなって本当に思います。これからもっとみんなで頑張りたいと思います。」

木全「みなさん、帰ってきて嬉しいですよね?(碧海が会場に)入ってくる時のみんなの目がパッとなったのが分かったので、僕も嬉しいです。」

MCから「我こそは俺が一番碧海君を待ってたよっていう人は?」と聞かれると速攻手を挙げた佐藤は「ずっと待ってましたね僕、(碧海が言ってくれる)“See you”が大好きなんで。あれがないと締まらないんで。僕がボケたあとでも最後に“See you”で締まるの待ってました。」(笑)

3月4日はJO1にとって記念すべきデビュー2周年そして3年目ということで、日付が変わったとたんSNSでも速攻トレンド入りするほどお祝いメッセージが飛び交ったという。ここで会場にはお祝いのケーキが登場しJAMと一緒に2周年を祝った。

Q.2周年を迎えた今の気持ちは?

河野「この2年間、決して順風満帆だったとはいかなかったと思うし、本当にいろいろあって、JAMのみなさんとも会う機会が本当に少なかったと感じてまして。だからこそ、こうやって少しでも会えたらめちゃめちゃ嬉しいし、前行なったライブだってホンマに楽しかったし、そうやってお互いがお互いを大切にしながら過ごしてこれた2年間だったなと思うし、これからもそういった大切な時間を過ごしていきたいなと思います。」

鶴房「デビューしてコロナが蔓延して、ライブとかも全部帳消しになってしまったので、ようやく会えた(去年の)11月が映画の最後で。まだ地方も行けてないし、碧海込みでライブも出来てないので、まだまだこれから1500回くらい(笑)ライブすると思うので。」

豆原「(目の前のケーキに)ありがとうございます。全員のキャラクターみたいなのが飾られて、なんで純喜君が“葉っぱ”なのかちょっとよく分かんないですけど(笑) 映画を僕たち11人でスクリーンで見たんですけど、過ごしてきたものが作品になるというのが、自分でもすごく不思議だなとも思いますし、JO1を映画にしてくださって本当に嬉しかったという気持ちがいっぱいで、みなさんに感謝です。」

川西「自分の中で2周年というのが早いと実感する自分と、すごく濃くて長く実感出来る自分が沢山あって、嬉しいです。」

MCから「この2年振り返ってあっという間だったか?長かったか?」と聞かれたメンバーは、ほとんど「どっちも難しい」という返答。

Q.映画では、デビューから今までの怒涛の2年間密着していましたが、あらためてこの2年間を振り返っての感想。

白岩「デビューして2年が経ったんですけど、こうやって多くの人の前でステージに立ったりというのがデビューしてから無くて、あんまりそういうグループもいないなと思って。(昨年)11月に扉が開いたときに待たせてしまったなと言うのと、感謝とかいろいろ思いがこみ上げて来たんですけど、やっぱりこうやって人が前にいるという状況にまだ慣れなくて。これからもっともっとそういう場所とかも増やしていきたいなと思いますし、ひとりひとりこうやってちゃんと会って時間を作って直接感謝を伝えられる場面を増やしていきたいなと思えた2年間だったなと。映画を見た時ももちろん感動したんですけど、直接目に入るライブやこういう会場は、いまだに感動しますね。
―ライブで扉が開いた時、どんな景色に見えましたか?
白岩「僕が夢見ていたというか、映画でも言ったんですけど、僕ってこのためにやってるんだなというか、みなさんの泣いてる顔だったり、幸せそうな顔だったり、笑ってくれてる顔をステージから見て、元気づけれたりとか勇気づける、1人でも多くの人をそういう感情に出来るようにという意味で頑張って目指してきたので、一つ夢の景色を見た瞬間ではありましたね。」

佐藤「僕はやりたいことはやる、やりたくないことはやらない人間なんですよ。そうですよね、みんな?(メンバー「そうですね(笑)」)やりたいことがなかなか出来なかったので、すごい悲しかったですよね。だから来年は、やりたかったことは全部やろうかなって。(メンバーから“今年だ”とツッコまれ)今年です!今年はやりたいことはJAMのみんなに沢山会うことなので、やりたいことをいっぱいやろうと思います。

Q.“Go to the TOP”を目指す『JO1』が完成するために、今足りないもの、3年目どんなことをやりたいか、どんなことを挑戦していきたいのか教えてください。

河野「やり終えたなという時にみんなでピザを食べたりするんですけど、今年はピザNGで!(メンバー「なんで?」と、ざわつく)全員NG禁止!ササミのお肉を食べて筋トレしてもっと素晴らしいマッスルを作っていきたいと思います。それが僕たちのステージのキレに繋がってくると思うので。(「(食べるの)ステージ終わったあとでしょ?」と言われ)…極力ピザを減らせる一年になればいいなと思います。」

川西「僕らの練習室のハンドソープの匂いがキツ過ぎて、ずっとマネージャーさんにも伝えてるんですけど、まだ変えてないので、変えていただきたいなと。」(笑)

豆原「20歳になりますから、年金払わなきゃならないですよね?頑張らないといけないなと。活動もしっかり頑張って、お酒もみなさんと一緒に。誰の部屋にしますか?奨君?ピザ食べてやりましょう!」

川尻「僕は“Go to the TOP”です。この言葉を常に言い続けて、未完成ながら完成に向かって走り続けることが今年も来年もずっと大事になってくると思うので、“Go to the TOP”と言い続けて頑張り続けれたらなと思います。」

木全「僕は自分に厳しくJAMに優しくしたいです。」

佐藤「今年の僕たちの活動を映画にしたいなと思います、微完成!」(笑)

大平「僕は地方でライブツアーとかをする、です。全国のJAMのみなさんと会いたいと思います。」

鶴房「純喜君を黙らせます。」(笑)

白岩「汐恩を褒めます。(河野を)黙らせてくれたんで」(笑)

與那城「僕、真面目にいきますね。(笑)今年は11人揃ってライブをしたり、更なる高みを目指して頑張っていきますのでよろしくお願いします。」

金城「僕、笑顔になりたくて、みんなと。なので11人でコント番組。ガッチガチのコント番組をやりたい。それを見たらJAMのみなさんも笑顔になると思うので。」

最後に與那城から「本日は本当にお集りいただきありがとうございます。僕たち未完成Go to the TOP、まだまだ未完成ではありますが、これから完成に向けて11人で1から歩んでいきますので応援よろしくお願いします。」とファンにメッセージを伝えた。

最後に退場する金城は、歩きながらいろんなポーズをしてファンサービスたっぷりで感謝を伝えた。
本作は3月11日(金)から全国公開される。

「JO1 THE MOVIE『未完成』-Go to the TOP-」

Ⓒ2022「JO1 THE MOVIE『未完成』-Go to the TOP-」製作委員会

公開日:2022年3月11日(⾦)
出演:大平祥⽣、川尻蓮、川⻄拓実、⽊全翔也、⾦城碧海、河野純喜、佐藤景瑚、⽩岩瑠姫、鶴房汐恩、⾖原⼀成、與那城奨
監督:稲垣哲朗
製作:LAPONEエンタテインメント東宝/制作:吉本興業
制作協力:利休/配給:東宝映像事業部吉本興業
クレジット:Ⓒ2022「JO1 THE MOVIE『未完成』-Go to the TOP-」製作委員会
公式サイト:JO1theMovie-mikansei.com




関連記事

コメントは利用できません。