OCTPATH(オクトパス)の撮りおろしパフォーマンス&ドキュメンタリー番組の収録レポート到着!WOWOWプラスで本日2月28日 テレビ初独占放送

  • 2022/2/28
  • OCTPATH(オクトパス)の撮りおろしパフォーマンス&ドキュメンタリー番組の収録レポート到着!WOWOWプラスで本日2月28日 テレビ初独占放送 はコメントを受け付けていません

(C)尾崎篤志

OCTPATH(オクトパス)の撮りおろしパフォーマンスとその軌跡を追ったオリジナル番組『PLAY-OCTPATH◇WOW!iSM-SPEC!AL-』が、WOWOWプラスにて2月28日(月)23:20からテレビ初独占放送される。
これに先駆けて、収録レポートが到着した。

日本最大級のオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」元練習生、冬馬、海帆、栗田航兵、古瀬直輝、太田駿静、高橋わたる、小堀柊、四谷真佑の8名で結成されたOCTPATH(オクトパス)。
2月9日にシングル「IT’S A BOP」でデビューすると、オリコン週間シングルランキングで1位(2022年02月15日発表)を獲得した、期待のニューカマーだ。

そのOCTPATHが、大型4面LEDパネルと最先端技術を用いたスタジオでの撮りおろしパフォーマンスと、その完成までの軌跡を追ったオリジナル番組『PLAY-OCTPATH WOW!iSMーSPEC!ALー』(WOWOWプラス)に登場。パフォーマンス収録現場に潜入した。

(C)尾崎篤志

“何でも話し合い、何でも自分たちで決める”というOCTPATHは、当然、パフォーマンスも自分たちで作り上げている。今回は1曲につき、2パターンの異なるLED演出が取り入れられているが、1パターンは四谷をリーダーに、冬馬、太田、海帆が担当。そしてもう1パターンを小堀をリーダーに、高橋、古瀬、栗田が担当している。番組では、その演出のビハインド映像も公開。彼らがどのように意見を出し合い、どのようにパフォーマンスを作り上げていくのかを見られるのは貴重だ。

パフォーマンスは、デビューシングル「IT’S A BOP」に収録されている「IT’S A BOP」、「Playboy」、「Be with you」の3曲が行われた。曲ごとに収録の様子をレポートする。

■IT’S A BOP

(C)尾崎篤志

(C)尾崎篤志

収録は、デビュー曲「IT’S A BOP」からスタート。「よろしくお願いします!」とスタッフに挨拶をすると全員で円陣を組み「成功させようぜ!」と気合を入れる。衣装はMV冒頭と同じミリタリー。音が出る前に古瀬と冬馬は靴のひもを結び直し、準備を整えた。

古瀬直輝/(C)尾崎篤志

壁面から床まですべて鮮やかな映像が映し出されるスタジオでのパフォーマンスは、ライブステージで見るのとはまた違う印象だ。大都市の映像の中にビルに掲げられた看板の中に「THme」(OCTPATHのファンネーム)があるは彼らの愛。MVにも登場していた気球も見える。

小堀柊/(C)尾崎篤志

高橋わたる/(C)尾崎篤志

1曲で2パターン撮影するということは、2倍の労力が必要になるということ。何度もぶっつづけで全力パフォーマンスしたが、1曲録り終えるとヘトヘトで、汗もダクダク。パフォーマンスを終えるごとに汗を抑え、ミニ扇風機で風を送る。しかし本番となると、涼しい顔に。スタッフから「OK!」という声がかかり全て取り終えた後に冬馬が、「録り直ししたい人いる?」と確認をしていたところも合議制のOCTPATHらしかった。

■Playboy

(C)尾崎篤志

(C)尾崎篤志

古瀬が振り付けを担当した楽曲だけに、リハーサルから古瀬が中心となってパフォーマンスを何度も確認し、細かい指示を出していた。
黒の衣装に着替えて、最初にスタジオに入ってきた海帆は、入念にダンスの練習。そこにやってきた小堀と四谷は、おもしろダンスバトルをはじめて和気あいあいに過ごしていた。

四谷真佑/(C)尾崎篤志

(C)尾崎篤志

栗田航兵/(C)尾崎篤志

■Be with you

(C)尾崎篤志

汗でインカムマイクが外れてしまったり、冬馬の衣装の装飾が取れてしまったり、小さなアクシデントもあったが、パフォーマンスの収録はバッチリ。シンクロしたフォーメーションダンスが堪能できる。

スタンドマイクを用いたバラード曲。ひとりひとりにボーカルが渡されていくが、OCTPATHのボーカル層の厚さを感じさせる1曲。激しいダンスはないが、歌詞の内容に則した振付を冬馬が付けている。

リハーサルでも冬馬がマイクスタンドの位置や途中のフォーメーションなど細かいところまで入念に確認。本番直前までメンバーたちが意見を出し合い、ベストを探っている様子が見られた。

太田駿静/(C)尾崎篤志

海帆/(C)尾崎篤志

この曲では幻想的なLED演出とメンバー各人の表情に注目して見てほしい。そして、最後のOCTPATHからのメッセージも必見だ。

(C)尾崎篤志

「WOW!iSM」は、歌謡ポップスチャンネルで放送している人気シリーズ番組。その「WOW!iSM」が、WOWOWプラスでチャンネルの枠を超えて放送されることに。今回収録されたOCTPATHが、その第1弾となる。

パフォーマンス収録を行った「BLACKBOX³ powered by NTT DOCOMO」は、4面の大型LEDパネルを備えたこれまでにない映像演出ができる場所。彼らが自らLED映像のアイディアを出し合い、限られた広さのステージで試行錯誤しながらパフォーマンスを作り上げて本番へ臨む様子もドキュメントとして放送される。

パフォーマンスとそのクリエイトにフォーカスした番組は、「自分たちで創り出す」をモットーにしているOCTPATHにぴったりな番組だ。

文=坂本ゆかり

『PLAY-OCTPATH WOW!iSMーSPEC!ALー』

放送日時:2022年2月28日(月)23時20分から

WOWOW公式サイト>>
(※WOWOWはネット同時配信もあり。初月無料で翌月からは2,300円(税抜))



関連記事

コメントは利用できません。