篠原涼子とグァンスに文春が二の矢を放つ!手繋ぎLINE画像の手の主は誰?注目集まる

グァンスのLINEアイコン

写真:グァンスのLINEアイコン

東京五輪の真っ最中に離婚を発表した篠原涼子と市村正親。
円満離婚が演出されるも、高齢の市村正親が親権を持つことに疑問や違和感を感じる人も多かった。

そんな中、8月4日に文春オンラインが、SUPERNOVAグァンスとの不倫疑惑をスクープし大騒ぎとなった。

文春は2人がお揃いのアンクレットをしていると伝えるも、グァンスのファンは「グァンスは昔からアンクレットを着用してた」「インスタでも本人が写真を載せてた」と誤報じゃないかとの声を上げた。

また、文春報道についてグァンスの所属事務所関係者も「該当の記事は事実無根。篠原涼子とは先輩・後輩の間柄だ」と不倫疑惑報道を真っ向から否定した。

「2ショット写真もなく、信憑性がない」という声と、「火の無い所に煙は立たぬ。何かあるんじゃないか」と疑う声の両方が散見するも、日が経つごとに徐々にグァンスへの関心は落ち着きを見せつつあった。

そんな中、週刊文春が2人の不倫疑惑について二の矢を放った。

日を置いて続報を伝えるとは、週刊文春は篠原涼子とグァンスの不倫に相当の確証を持っているということなのだろう。

今回の文春報道では2人の交際詳細が伝えられた。

文春によると、篠原涼子は13歳年下のグァンスにベタ惚れし、「私がグァンちゃんの彼女。芯があってとってもいい子」と既婚者の身にありながらノロケていたという。

さらにグァンスが他の女と遊ぶのを嫌い、2020年春頃からは束縛するようになったと伝えた。

一方、グァンスは昨年の5月頃にLINEのアイコンに男女の手繋ぎ写真を載せ「恋人との写真だ」と自慢していたという。

しかしこのLINEアカウントはグァンスの女性関係を疑った篠原涼子が削除させたといい、篠原涼子と喧嘩になるとグァンスは悔し涙を流すこともあったとした。

また、「篠原涼子とグァンスの関係は、ヘアメイクやグッズのデザイナーなど、親しい仕事仲間は勘付いており、SUPERNOVAのメンバーも知っていたと聞いている」とグァンスの友人の証言も伝えた。

そして最後に、篠原涼子とグァンスについて「不倫に始まった彼らの愛は、どこへ向かうのか」と不倫関係にあったことを改めて強調した。

報道が事実であれば、手繋ぎアイコンの女の手は篠原涼子の手ということになる。
文春の二の矢に、ネット上には過去の篠原涼子の手や爪を拡大して検証するオンライン探偵のようなユーザーも登場、蜂の巣をつついたような騒ぎとなっている。

グァンスのtwitter

写真:グァンスの公式twitter

ちなみにグァンスは2011年9月に自身のtwitterで篠原涼子が出演したドラマ「月の恋人」にハマっていることを明かし、「男が見てもステキだ」とつぶやいていたが、今回の不倫騒動で再び過去の発言などにも関心が集まっている状況だ。




ページ上部へ戻る