SUPERNOVAソンジェ「過去を悔いている」直筆の手紙で自身の誕生日にファンへ感謝のメッセージを伝える

ソンジェの手紙

写真:ソンジェのTwitter

フィリピンでの遠征賭博容疑でユナクとともに立件されたSUPERNOVAのソンジェが「過去を悔いている」とファンに直筆の手紙で伝えた。

17日、ソンジェは自身のTwitterを通じて直筆の手紙を投稿した。

ソンジェは「韓国はずいぶんと寒くなりました。お元気にお過ごしでしょうか?」とし、「僕は3月上旬から現在まで約8か月間、韓国で生活しながら、過去を後悔し反省しながら自分自身を省みる時間を過ごしています」と書いた。

ソンジェは「1日に数十回も揺れ動く気持ちを落ち着かせながら、また落ち込み…また立ち上がっては倒れてを繰り返しながら、そのうち疲れ果て…。
でも、ファンの皆さんのことを考えて心を再び落ち着かせ、手紙を書きます」と日々、気分が揺れている状況を明らかにした。

続いて「最近は、活動をしていた頃の映像を時々見たりしますが、映像の中の人が『本当に僕なの?』と思ったりするこの頃です。振り返ってみると、二度と戻れない美しい思い出でした」とし、「だけど、ただ思い出として終わらせてしまうにはあまりにも悲しすぎて無気力になってしまいながらも、また皆さんと会えるように頑張ろうとしている状況です!」と書き、ファンのために立ち上がろうと努力していることを伝えた。

そして「2020年…ソロコンサートの思い出がまだ鮮明に感じられるのに、11月になり、誕生日も来てしまいました…。ちょっとさみしい誕生日を過ごしましたが、皆さんからのたくさんのお祝いと励まし、応援で温かさを感じました」とし、「また1歳、年を取ったので、より成熟し、成長した姿でお目にかかりますね。すごく会いたいです。いつもありがとうございます。忘れません。Milky(※SUPERNOVAのファン)…愛してます…!」とファンへの感謝の気持ちを伝えた。

ソンジェは1986年11月17日生まれで、昨日(17日に)誕生日を迎えた。




ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません