SUPERNOVAユナク&ソンジェ 賭博立件で所属事務所が公式謝罪

フィリピンでの遠征賭博容疑で立件されたSUPERNOVA(元 超新星)のユナクとソンジェが所属事務所を通じて公式に謝罪した。

15日、SUPERNOVA(元 超新星)のメンバー2人が遠征賭博容疑で立件されたニュースを巡り波紋が広がる中、ユナクとソンジェの所属事務所であるSVエンターテインメントが公式の立場を伝えた。

SVエンターテインメントは、「ユナクとソンジェの不注意行動により、よくないニュースで応援してくださっているファンの皆さまにご心配をおかけして申し訳ありません」と謝罪した。

続いて「ユナクとソンジェは、旅行中に深く考えず不注意に行動をしてしまった点について深く後悔し、反省しています。これまで私たちを応援してくださったファンの皆さまと関係者の皆さまにご心配をおかけするとともに失望させてしまい、申し訳ありません」とした。

SVエンターテインメントは「今回の事件を通じ、行動一つ一つに慎重を期し、公人としての責任感を持って行動しなければならないということを改めて感じさせられました。今後、常に慎重に考え、責任ある行動を取っていきます。改めましてお詫び申し上げます」と改めて謝罪した。

一方、韓国メディアは今回の海外賭博および違法オンライン賭博サイトについて警察が暴力団との繋がりや他の芸能人の関連についても調べており、捜査が広がる見込みだと伝えている。

16日、ユナクの舞台降板が発表される




ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません