『 KCON:TACT season 2 』 2次ラインナップ公開!A.C.E、EVERGLOW、JO1、Kim Woo Seok(キム・ウソク) Lee Eun Sang(イ・ウンサン)、ONF、THE BOYZ、WOODZ(チョ・スンヨン)が出演

ⓒ CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved

10月16日(金)~25日(日)の10日間、YouTubeにて開催される『KCON:TACT season 2』の2次ラインナップが発表された。

CJ ENM と韓国コンテンツ振興院が共同開催する『KCON:TACT season 2』の K-POP コンサートの2次ラインナップには A.C.E、EVERGLOW、JO1、KimWoo Seok(キム・ウソク)、Lee Eun Sang(イ・ウンサン)、ONF、THE BOYZ、WOODZ(チョ·スンヨン)が名を連ねた。

1次ラインナップとして公開された AB6IX、HA SUNG WOON(ハ・ソンウン)、KARD、LOONA(今月の少女)、MAMAMOO、PARK JIHOON(パク・ジフン)、SUNMI に続き 8組の錚々たるアーティストが追加で合流し、現在まで計15組のアーティストが『KCON:TACT season 2』への出演を確定している。

まず、ライジング·スターとして急浮上中の A.C.E が最近の新曲発表とともに『KCON:TACT season 2』への合流を告げた。
韓国的なファンタジー要素と現代的なパフォーマンスを溶け込ませた個性的な新曲「トッケビ(Favorite Boys)」を公開し、熱い話題を集めた A.C.E は優れた実力と独歩的なコンセプトで世界のファンの心を魅了することだろう。

6人組新人ガールズグループの EVERGLOW もコンサートに参加する。
今月新たに公開された 2 枚目のミニアルバム「-77.82X-78.29」が、グローバル音源ストリーミングプラットフォーム iTunes のワールドワイド・アルバムチャートで 1 位を占め、その音楽性と人気を証明した EVERGLOW は、誰にも代えられない強烈なエネルギーで舞台を掌握するものと期待されている。

JO1 は今年初めのデビューシングル「PROTOSTAR」に続き、今月発表した 2 枚目のシングル「STARGAZER」まで 2 連続オリコン週間シングルチャート 1 位になり、グローバルスーパールーキーとして熱い注目を集めている。 今回の『KCON:TACT season 2』には、日本から参加し、時間と物理的限界を超えてファンへの愛情と新鋭らしい情熱を披露する予定だ。

Kim Woo Seok(キム・ウソク)Lee Eun Sang(イ・ウンサン)は、それぞれソロ歌手として『KCON:TACTseason 2』に参加する。
彫刻のようなビジュアルと完璧なパフォーマンスで卓越した男性ソロ歌手に位置づけられた Kim Woo Seok(キム・ウソク)は、今回も隙のない緻密な舞台を披露して、ファンの心を捕らえることになりそうだ。

先月、初のシングルアルバム「Beautiful Scar」をリリースし、ソロ歌手としての可能性を示した Lee Eun Sang(イ・ウンサン)は一層成熟した姿と、今までとは一味違った魅力に満ちたステージを準備し、大きな期待を集めている。

優れた楽曲とクオリティの高い音楽性を備えたONFも出演が決定した。
発売するアルバムの人気を集め、“名曲グルメ”としても認められる ONF は、先月発表した新曲「Sukhumvit Swimming」がリアルタイム音源チャートで1 位を獲得するなど、高い人気を誇っている。

続いて今年初めに Mnet で放送されたサバイバル番組「Road to Kingdom」で優勝し、大型アイドルとして堂々と位置づけられた THE BOYZ も出演を決め、豪華なラインナップにさらに華を添えた。
パワフルなエネルギーと圧倒的なカル群舞で“パフォーマンスの達人”らしい華やかな舞台を飾る予定だ。

最後に WOODZ(チョ・スンヨン)が 2 次ラインナップに名を連ね、最高の舞台を披露する予定だ。
WOODZ(チョ・スンヨン)はデビュー7年目にして初めて KCON:TACT の舞台に上がることでも知られ、とても意義深いものになりそうだ。
彼は確かな実力と独自の感性でグローバルファンにその存在感を確実に印象付けることを予告した。

『KCON:TACT season 2』は仮想空間で最先端技術が導入されたステージが全世界にライブで披露される。
今回は海外を舞台に活動しているトップレベルの K-POP アーティストたちが一堂に会し、期間中の10日間その規模と完成度をグレードアップさせるものと期待されている。




ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません