朴元淳ソウル市長が行方不明に…家族が警察に通報し捜索中

朴元淳ソウル市長
朴元淳ソウル市長が9日、行方不明になったとして警察が捜索中であることが報じられた。

9日午後5時17分頃、朴元淳市長の娘が「4~5時間前に父が遺言のような言葉を残して家を出ていった。携帯の電源が切られている」と警察に通報した。

朴元淳市長はこの日、体調不良で出勤せず予定されていた公務をキャンセルしていた。

警察は、ドローンや警察犬も投入し、朴元淳市長の行方を捜している。
また、ソウル市119特殊救助団所属の救助隊員11人と城北(ソンブク)消防署団員25人、ポンプ車2台、救急車2台なども動員し捜索が続いている。

朴元淳市長の携帯電話の最後の信号が確認された城北(ソンブク)区 城北洞(ソンブクドン)の吉祥(キルサン)寺一帯を重点的に捜索しているが、午後7時まで所在確認が取れていない。




ページ上部へ戻る