FLY TO THE SKY ファニ、飲酒運転の容疑認める

写真:H2 Media

FLY TO THE SKYのファニが、警察の取り調べに対し飲酒運転の事実を認めた。

ファニは24日午後10時30分、京畿道(キョンギド)龍仁(ヨンイン)西部警察署で、道路交通法違反(飲酒運転)容疑の被疑者として出席し、取調べを受けた。
同日、黒のジャンパーとジーンズ姿でマスクをつけてきたファニは、取材陣に「申し訳ございません」と短く答えた後、警察署に入った。

25日午前0時まで行われた警察の取調べで、ファニは飲酒運転の事実を認めた。警察関係者によると、ファニは21日午後9時ごろ、食事とともに酒を飲み、知人の家で寝て起き、酔いがさめたと思って運転していたと供述した。

これに先立ち、ファニは21日午前6時ごろ、京畿道竜仁市器興区(キフング)内の道路で飲酒状態のまま自身のベンツを運転し、別の車と衝突した。当時、ファニの血中アルコール濃度は0.061%で免許停止レベルだったという。

ファニの所属事務所であるH2 Mediaは、ファニの公式ファンカフェを通じ、「言い訳の余地がなく、明白な過ちです。それに伴う処罰を甘んじて受けます」とし、謝罪した。

ファニは1999年にFLY TO THE SKYでデビュー、「Sea Of Love」「Missing You」「男らしく」「胸が痛くても」などのヒット曲で人気を集めている。




ページ上部へ戻る
error: 右クリックはできません