東出昌大事務所の謝罪も報道、韓国の唐田えりか所属事務所も公式に謝罪コメント…韓国リアルタイム検索語1位に

唐田えりか

写真:BHエンターテインメント公式サイト

日本の東出昌大事務所と唐田えりか事務所の謝罪コメントが韓国でも報じられる中、唐田えりかの韓国の所属事務所であるBHエンターテインメントも公式の立場を明らかにした。

唐田えりかと東出昌大のスキャンダルニュースの続報が韓国でも伝えられ、2日連続して関連語がリアルタイム検索語にランクインしている。

東出昌大

写真:NAVERリアルタイム検索語トップ10
「唐田えりか」「東出昌大 杏」「朝子」と関連語も横に一緒に表示されている

22日、週間文春の報道を受け、東出昌大事務所は「書かれている事柄はほぼ事実と判明」と認めた上で、「これらのことは東出の愚かさ、未熟さ、責任感の欠如が引き起こした事柄だと思います。どのように非難されても弁解の余地はありません」とし、「現在、本人はこのような事態になったことに対して責任の重さ、失ったものの大きさを実感しひたすら後悔に苛まれ苦しんでおります」とコメント、「しかしながら失われた信頼を回復するには気の遠くなるような時間と努力が必要だと思います」と伝えた。

また、同日深夜には唐田えりかの日本の事務所であるFLaMmeが、「多大なるご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪、「本人は軽率な行動を深く反省しております。自身の弱さ、愚かさ、甘さを深く受け止め、向き合いたいと思っています」とした上で「二度とこのようなことがないよう、皆さまの信用を取り戻せるよう、厳しく指導してまいります。今後ともご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願いいたします。誠に申し訳ございませんでした」とのコメントを伝えた。

23日、韓国でもこれらの東出昌大事務所と唐田えりか事務所の謝罪コメントが報じられ、今回のスキャンダルが前日に引き続き注目を集めた。

また、唐田えりかの韓国の所属事務所であるBHエンターテインメントも謝罪のコメントを出した。

BHエンターテインメント公式文(和訳)

まず、唐田えりかのニュースで多くの方々に御迷惑をおかけしまして心よりお詫び申し上げます。

唐田えりかは現在、反省しながら悔いています。

また、今回のことを通じ、深く傷つかれましたご家族の方々、ファンの皆さま、関係者の方々に心より深くお詫び申し上げます。
改めまして謝罪し上げます。

唐田えりかは、昨年、韓国ドラマ「アスダル年代記」でモモ族の首長カリカ役を演じ人気を集めた。

また、今回ニュースとなった唐田えりかと東出昌大の二人は、2018年に第23回釜山(プサン)国際映画祭に一緒に出席し華を添えた。

唐田えりかと東出昌大レッドカーペット動画

(※6:24~7:10頃に登場)

唐田えりかが所属する韓国の芸能事務所BHエンターテインメントは、元祖韓流スターで当時韓流四天王の一人として人気を集めたイ・ビョンホンを筆頭に、コス、キム・ゴウン、ユ・ジテ、アン・ソヒ、イ・ジア、イ・ジヌク、ジング、ハン・ガイン、ハン・ヒョジュ、ハン・ジミンなど多くの人気俳優が所属している。




ページ上部へ戻る