イ・ドンウク、「プロデュースX101」操作疑惑に言及し注目集まる「個人的に連絡を取っている」

写真:KINGKONG by STARSHIPエンターテインメント

俳優イ・ドンウクがMnetの「プロデュースX101」(以下「プデュX101」)をめぐる論争について心境を語り注目が集まった。

2日午後、ソウル市 陽川(ヤンチョン)区 木洞(モクドン)にあるSBSホールでSBSの新しいバラエティ番組「イ・ドンウクはトークがしたくて」の制作発表会が開かれた。

同日、イ・ドンウクは「プデュX101」の視聴者投票操作疑惑の論争が巻き起こって以降、初めてこれについて言及し注目を集めた。

イ・ドンウクは、国民代表プロデューサーかつ司会者として「プデュX101」に出演した。

今年7月に放送終了後、最終視聴者投票の投票数操作の疑いが騒動となった。「プデュX101」で誕生したアイドルグループX1(エックスワン)はデビュー前からこの論争の的となったが、デビューはそのまま強行された。しかし、その後の疑惑の展開により、活動に支障が生じるとともに、番組の演出者アン・ジュニョンPDとキム・ヨンボムCPは拘束送致された。

「イ・ドンウクはトークがしたくて」の制作発表会でこれについて質問が出るとイ・ドンウクは、「様々な議論があり状況が良くないが、僕が自分の仕事を止めるわけにはいかない」と語った。

そして、「僕が彼らとはもう関係がないとは考えていない。彼らとは個人的によく連絡している。今回のことについても連絡を取ったりした」と明かし、「今回の状況について遺憾に思う」と語った。




ページ上部へ戻る