IZ*ONEファン連合、現メンバーの12人での活動継続を支持する声明文を発表

IZ*ONE
投票操作疑惑で今後の活動が不透明となっているIZ*ONEのファン連合が、現メンバーの12人での活動継続を支持する声明文を発表した。

IZ*ONEファン連合の声明文

写真:IZ*ONEファン連合の声明文

現在、プロデュースシリーズと関連した不適切な事件で警察捜査が行われています。
この余波でガールズグループIZ*ONEのすべての活動が暫定中断となった状態です。

いくつかのメディアは事件そのものよりも、活動に制約が生じたアーティストに関する記事に比重をおいて報道しており、中には事実関係が確認されていない報道もなされています。
また、該当の記事に接したオンラインコミュニティの一部利用者は、アーティストに対し無分別な非難やセクハラ、さらにはグループ解散まで要求している状況です。

IZ*ONEのファン連合一同は、これ以上新たな傷が生じることを望んでいません。
ゆえに皆さんに切にお願い申し上げます。

事件が正しく解決され、類似した事件による被害者が二度と生じないよう、公式の操作結果をもとにして本件を判断してください。

また、無分別な憶測などで今回の事件と関連しているすべての被害者がこれ以上、苦しむことがないようにしてください。
そして、今回の事件が一時のただの騒ぎで終わらないよう、関連した問題点の改善を通じて、今回のような事件の再発を防ぐきっかけとなればと思います。

最後に、私たちIZ*ONEファン連合一同は、IZ*ONE12人での活動を強く支持します。

プロデュースシリーズの投票不正疑惑が明らかになると、韓国のネット上には本当の順位を明らかにするとともに、グループを解散して本来の順位でグループを再構成すべきだというコメントが多数書き込まれていた。

一方で、これまでIZ*ONEを応援してきたファンは、「今更再構成なんてメンバーがかわいそう過ぎる」「非現実的だ」「頑張ってきたメンバーに罪はない」「解散は絶対ダメ」など、現メンバーでの活動を望むコメントを書きこんでいる。




ページ上部へ戻る