【取材レポ】B1A4 サンドゥル「BANAが僕の力であり愛です」追加公演も大盛況!スペシャルゲストはゴンチャン!

B1A4のメインボーカルとして、表現力豊かな歌唱力でミュージカルやドラマのOSTなどでも活躍しているサンドゥルが、大盛況だった日本で初となるソロコンサートの追加公演「2019 SANDEUL 1st CONCERT in JAPAN ~HIBIKI~Again」を7月27日(土)メルパルク東京ホールにて開催。

スペシャルゲストには、ゴンチャンが駆けつけ公演を盛り上げた。公演前には2人揃って囲み会見も行われた。

「みなさんは、山の頂上に登って、ヤッホーって叫んだことがありますか?」というサンドゥルによるナレーションでライブが始まった。「こだまが返ってきますよね?幸せはこだまのように、また別の幸せを呼んでくると言われています。サンドゥルのHIBIKIもそうだと言います。みなさんにお届けしたHIBIKIがこだまになって再び戻ってきたら嬉しいから、心と心で繋がる幸せのこだま、サンドゥルのHIBIKIを“天気の良い日”のように、期待に胸を膨らませながら始めたいと思います。」と語りイントロが流れる。

ステージ中央から登場したサンドゥルの姿に会場は大歓声となり、『天気の良い日』『もう一歩だけ』をのびやかな歌声で熱唱した。

「アンコール公演にも来てくださって、本当にありがとうございます。HIBIKIが再び僕にこだまになって帰ってきました。僕の気持ちがみなさんにちゃんと伝わったようで幸せだし、サンドゥルよくやった!と言ってくださっているようで、大きな力になります。」とファンに感謝を伝えた。
「みなさんが僕に返してくれた幸せなエネルギーを今日このステージを通してもう一度プレゼントしたいと思いますが、今日が最後ですからみなさんも僕と一緒に歌って踊って公演を楽しんでみてください。」と語ると、深く息を吐いて「めっちゃドキドキです」と緊張気味のサンドゥルに会場から「大丈夫!」という声がかかった。

次に、「僕は誰かにHIBIKIを伝えたいなと思ったら、まず自分の本当の姿を見せなきゃいけないと思いました。」と、スクリーンには釜山の写真館の映像の前で、サンドゥル自身の物語という『僕の幼い頃の話』、続けて『大丈夫』を披露した。

一番つらい時に作った曲という『大丈夫』は「沢山の方の慰めになってほしい」という思いが込められた曲。「ゆっくり歩いても大丈夫、流れに身をまかそう。つらい時は僕に頼ってもいいよ」と言ってジャケットを脱ぐような仕草に悲鳴が沸くと「暑いから~」と照れ笑い。

「次の曲は、この前の公演でみなさんが好きと言ってくれた曲です。」と『片思い』を熱唱。さらに『冬の手紙』そして『あなたの前に私はろうそくの火になろう』のクライマックスではマイクを使わずに歌いあげ、圧巻の歌声に会場を魅了した。

一旦退場し流れたVTRでは、BANAからのメッセージを読み、追加公演に向けて語るサンドゥルの映像。「BANAがいてくれたおかげで僕は最高の人になった気分です。」と語り始めると、ファンへの感謝とどんな公演にするか悩んだことを語った。
「知ってますか?HIBIKIという時間は僕が作ったけど、その中で大きく響いたのはBANAたちの心だということを。世の中に僕の声、僕のHIBIKIをこのように愛してくださるBANAがいるから僕の毎日は、より大切で幸せになります。最後に必ずこの言葉を伝えたいです。僕のHIBIKIを 僕の歌を聴いてくれてありがとうございます。BANAが僕の力であり愛です。僕たちみんな、幸せになろう!」とファンに力強いメッセージを送った。

スローナンバーの『雨の音』に続き、シヌゥが作詞・作曲の『斜線』を披露。
歌い終えると「『斜線』を始めて聞いたときに、いい歌詞だと思いました。本当にシヌゥさんらしい曲を書いたと思いました。だから僕はこの曲をシヌゥさんだと思っています(笑)。この曲でシヌゥさんをそのまま表現したかったです。」と入隊中のシヌゥへの思いを語った。

「次に歌う曲は、僕にとって特別な思い出がある曲、みなさんへの良いプレゼントなったらいいなと思います。」とサザンオールスターズの『TSUNAMI』を流暢な日本語で熱唱。会場の大きな反響に嬉しそうな笑顔を見せた。高校の時に、優勝すると日本に行けるという歌の大会で一生懸命練習したが果たせなかったというほろ苦い思い出の曲という。「でも今、こうやって歌手になってみなさんの前でこの曲を歌うことが出来て、本当に幸せです。」と振り返った。

2ページ目に続きます!




ページ:

1

2 3
ページ上部へ戻る