B1A4 サンドゥル、ミュージカルコンサートで感動のステージ披露

写真:WMエンターテインメント

B1A4(ビーワンエーフォー)のサンドゥルが、ミュージカルコンサートで感動のステージ披露した。

25日、ソウル松坡(ソンパ)区オリンピック公園オリンピックホールで「2019 K-WORLD FESTA」の一環である「ミュージカルスーパーコンサート」が、午後2時30分と7時の全2公演で開催された。

サンドゥルはミュージカル「笑う男」のナンバー「木の上の天使」をミュージカル俳優キム・ジユとデュエットで披露し、幻想のハーモニーで注目を集めた。
黒いスーツに身を包んで登場したサンドゥルは、甘美でロマンチックな歌声で客席から歓呼を浴びた。

サンドゥルはミュージカル「30歳の頃に」のナンバー「30歳の頃に」でソロステージを飾った。
サンドゥルは甘い雰囲気を感じさせる先の舞台とは異なる、深い響きを感じさせるステージを披露し観客を魅了した。サンドゥルはの感性溢れる歌声と力強いボーカルはステージ中にこだまし、客席に感動を与えた。

ミュージカル「30歳の頃に」は、2017年に実際にサンドゥルが主人公ヒョンシクを熱演し好評を得たことがあるだけに、より一層の注目を集めることとなった。当時、サンドゥル独特のボーカルと繊細な感情演技で「次世代ミュージカル・ルーキー」と呼ばれていた。

サンドゥルは6月に2枚目のソロアルバム「One Fine Day」をリリースし人気を集めた。

また、現在MBC標準FMラジオ「サンドゥルの星が輝く夜に」で第26代DJとして活躍中だ。




ページ上部へ戻る