キム・ゴウン、コン・ユに続きイ・ミンホと共演!「ザ・キング:永遠の君主」キャスティング確定

写真:キム・ゴウン Instagram

女優キム・ゴウンがドラマ「ザ・キング:永遠の君主」でイ・ミンホと共演する。

20日、ドラマ制作会社ファエンダムピクチャーズによると、キム・ゴウンは、大韓民国の刑事チョン・テウルと、大韓帝国で犯罪者としてどん底の人生を生きていくルナの1人2役に挑戦する。

ファエンドダムピクチャーズはキム・ゴウンをキャスティングした理由として、「刑事と犯罪者とい対極するキャラクターを演じることは決して容易なことではない。今まで多様な映画を通じて見せてくれたキャラクター消化力や『トッケビ』で披露した少女から恋人へと成長する過程を自然に演技したキム・ゴウンの幅広い演技力であれば、チョン・テウルとルナの1人2役を立派にこなせると判断した」と明らかにした。

「ザ・キング:永遠の君主」は並行世界である大韓民国と大韓帝国をまたがるファンタジーロマンスドラマ。
並行世界を背景に悪魔のささやきに立ち向かって次元の扉を閉めようとする理系型の大韓帝国皇帝イ・ゴン(イ・ミンホ)と、誰かの人生、人、愛を守ろうとする文系型の大韓民国刑事チョン・テウルが、両世界を行き来しながら共助するストーリーを描く。

演出は、「太陽の末裔」のペク・サンフンPDが担当する。

キム・ゴウンは「トッケビ(2016~2017)」以来2年ぶりに、キム・ウンスク作家と息を合わせることになった「トッケビ」で共演したコン・ユに続き、イ・ミンホとロマンスを演じる。
放送局は未定ながらも、下半期に撮影を開始し、2020年上半期に韓国で放送される予定だ。




ページ上部へ戻る