スンリ(V.I) クラブ・バーニングサンでの性接待指示疑惑報道を否定、フェイクニュースに強硬対応の立場示す

スンリ
スンリ(V.I)のクラブ・バーニングサンでの性接待指示疑惑報道に対して、YGエンターテイメントは事実無根であり、フェイクニュースについては強硬対応を取るとの公式の立場を明らかにした。

26日、スンリ(V.I)の所属事務所であるYGエンターテイメントは「本人に確認した結果、該当記事は、捏造されたテキストメッセージで構成されており、事実ではない」とスンリ(V.I)の性接待指示疑惑報道を否定した。

同日、一部韓国メディアが、2015年12月に交わされたスンリ(V.I)と歌手Cさん、投資会社のユ代表、スタッフのキムさんのカカオトーク会話内容であるとして会話内容とともにスンリ(V.I)の性接待指示疑惑を報道し、大きな波紋が広がった。

同メディアは、スンリ(V.I)が外国人投資家の一行について言及した上で「クラブアリーナにメイン席を準備して、女の子を呼べ」とキムさんに指示したと伝えた。

このメッセージを呼んだキムさんが「席はメインに2席、警護もしっかりつけることで…。ケアをしっかりします」と返信すると、スンリ(V.I)は「女は?(性的な意味を含んで)良くする子で」と返したとし、これは性接待が可能な女性を呼ぶように指示したものと推測されると伝えた。

また、それから約40分後、ユ代表がキムさんに「今、女性を準備しているから、女性二人が来たらホテルまでうまくいくように処理してほしい」と指示し、10分後に「男性二人は(ホテルの部屋に)送る」とのメッセージが送られた。

同メディアは続けて外国人投資家は女性だったが、一緒に訪れた一行に台湾人男性がいたとした。尚、実際に性接待が行われたかどうかは確認されていない。

YGエンターテイメントはこの報道を強く否定した上で、フェイクニュースをはじめとするデマの拡散と再生産など一切の行為について法的に強硬対応していくことを強調した。

スンリ(V.I)は今月16日と17日にソウルコンサート「SEUNGRI 1st SOLO TOUR THE GREAT SEUNGRI FINAL IN SEOUL」を開催、公演前にクラブ騒動についてファンに謝罪をしていた。

また同コンサート期間中にクラブバーニングサンは閉鎖することを発表した。

28日、スンリの大阪・ジャカルタ公演の中止発表




この記事もよく読まれています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る