BIGBANG SOLの実兄ドン・ヒョンベ&チェ・ヒョンヨン監督登壇、映画『デットエンドの思い出』初日舞台挨拶!少女時代スヨンとの共演についても語る【オフィシャルレポート】


日韓合作の映画『デッドエンドの思い出』が2月16日に公開初日を迎え、東京の武蔵野館で出演者のドン・ヒョンベ、そしてチェ・ヒョンヨン監督登壇の初日舞台挨拶が行われた。

作家よしもとばななによる同名短編小説を、チェ・スヨン&田中俊介のW主演で実写映画化。
婚約者に裏切られたソウルに住むユミ(スヨン)が、名古屋のとあるカフェにたどり着き、カフェを営む若い男性・西山(田中)や周囲の人々に癒されていく。

ユミの友人ジンソン役のヒョンベは、日本での舞台挨拶初体験。
「日本の映画館は初めて。新鮮な気分です」と笑顔で、本作について「偶然にこの作品のシナリオを読んで、本当に面白いと思いました。ジンソンという役柄に没入できたし、演じたいと思った。心を動かされたのです」と熱弁した。

ヒョンヨン監督については「サイコー!」と笑わせ「本読みの段階から大好きになりました。作品に対するイメージもしっかりとできていて、現場ではたくさんの演出を受けることができました。そんな私は幸せ者」と感謝しきり。

スヨンとの共演には「少女時代と言えば、私にとってはスター!女優としてのスヨンさんと一緒に演技するときは楽しい気持ちでいっぱいでした。自分は本当にラッキーな男」と感慨。

田中については「現場でいいエネルギーをくれる方。長い間付き合っている友人のような印象を受けました。私が日本語の練習をしていると教えてくれたりして、その時間が幸せな思い出となっています」と人生初の日本人俳優との共演を振り返った。

ロケ地となった名古屋も初めて訪れ「東京や大阪は、常に忙しく動いているようなイメージだけれど、名古屋はゆっくりでリラックスできるような雰囲気。何をしていなくも癒される場所なので、気持ちも非常に楽でした」と好印象。

笑える話として「東京や大阪の量販店ドン・キホーテは『急いで買わなければ!』という気持ちになるが、名古屋はゆっくりと品物を選べるような雰囲気。それが個人的にいいなぁと思いました」と笑わせた。

名古屋ではご当地グルメにも舌鼓。
ちなみに本作の公開を記念して新宿武蔵野館で販売された名古屋名物・味噌トーストは即完売で、ヒョンベは「本当に美味しい!」と太鼓判。

最後にヒョンベは「皆さんがどれほどこの映画を観てくれるか、SNSで毎日チェックしますので、どんどん宣伝してくださいね」とPR。

ヒョンヨン監督も「もう少し編集の時間があれば…と思う部分もあるけれど、皆さんの顔を見てちょっとだけ安心しました。どのような評価をもらえるかわからないけれど、スタッフ・キャスト全員の力を合わせて作った作品」と思いを込めて、ヒョンベについては「人間的にもいい俳優。絶対に売れる俳優だから、頑張ってほしい」とエールを送った。

デッドエンドの思い出

出演:チェ・スヨン(少女時代) 田中俊介(BOYS AND MEN)ドン・ヒョンベ 他
原 作:よしもとばなな『デッドエンドの思い出』(文春文庫刊)
監督:チェ・ヒョンヨン
配給 アーク・フィルムズ Ⓒ2018 「Memories of a Dead End」 FILM Partners
新宿武蔵野館ほかにて公開中




この記事もよく読まれています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で韓国情報サイトK-PLAZAをフォローしよう!





韓国ドラマVODランキング
ページ上部へ戻る