I.O.I出身チョンハ、腸炎の入院から退院…「健康を最優先に休息を取っている」

腸炎で入院していたI.O.I(アイ・オー・アイ)出身の歌手チョンハが退院した。

11日、チョンハの所属事務所の関係者は「チョンハの状態が好転し、昨日(10日)午後退院した。退院後、休息を取っている」と明らかにした。

退院はしたが、チョンハが本格にスケジュールを再開するかどうかについてはまだ未定で、チョンハの健康状態を最優先とし、今後のスケジュールを議論していると伝えた。

また関係者は、「安定をとりながら、(楽曲)活動を終える予定で、健康管理に気をつけます」とした。

チョンハは、7日から腹痛を訴え、予定されていたスケジュールをキャンセルし、病院で精密検査を受けた。検査の結果、腸炎による痛みであると診断され、入院治療を受けた。8日には所属事務所はチョンハの公式ファンカフェを通じて「チョンハの誕生日を控え、心配をおかけした点について謝罪いたします」とファンに謝罪の意を伝えていた。

チョンハは、1月に発表した「もう12時」を通じて、様々な音楽番組で1位を記録し人気を集めた。

↓「もう12時」MV動画も

3月13日には、米国・テキサス州オースティンで開催される北米・最大の音楽祭「サウス・バイ・サウスウエスト(SXSW)」の「SXSW Korea Spotlight」の舞台に立つ予定となっている。




ページ上部へ戻る